ドル円 4/2続き

【著者】

高野由美子  *ユミコの心得10か条!FXで重要なコト


’基調時間足’のRSIが買いすぎから少し緩みましたが、
MACDはまだ上向きで上昇リスクを残した状態です。

前回書いたように、
RSIの買いすぎで買い一巡後一部でも利食いは可なのですが、

”ラインブレークは抵抗を突破して力が放出されることによる伸び狙い”のため、
小さく利ぐうというよりは、
ライン(日々チェック参照)の下にストップをおいてポジションキープが基本。

特に日足ベースで上に伸びても良いと見ていれば、
下がってとれないことよりも、
あがって買いポジションがないことがつまらないので、
全部でも一部でも基本はポジションを残します。
(それでもまずいと思ったらやめればよい。)

’上がる形というわけではなく、上がらないでもない’、といった迷いがある場合には、
反落してしまうと利食っておけばよかったとがっかりするので、
迷ったら一部利食いが悪くないと思っています。

==============================
*具体的な時間足については、外為どっとコムのレポートで確認できます
*ドル円のコアな見方は外為どっとコム社のわたくしのレポート
中期見通し「パターン分析アナログでいこう」
それを基としたデイリーの見方「日々チェック」でご覧ください。
理屈に左右されないチャートを基準とした見方と、
スムーズな取引に欠かせない的確なラインの引き方が学べます。

==============================
 高野由美子氏のレポートが無料で見れるのは外為ドットコムだけ!
外為どっとコム
*アメーバブログ「高野由美子のFXならドル円でいこう」もご覧ください。
高野由美子

チャーティスト ユミコの視点 高野 由美子

チェース・マンハッタン銀行(現JPモルガン・チェース銀行)のディーリング・ルームで、男性社会の為替の世界に飛び込む。実戦でチャートの知識を深め独自チャートを作成、千ポイント抜きを可能にした。 史上最高のドル円ディーラーといわれ内外から高い評価を得た。