マーケット

ドル高の調整にも要注意 5/28

【著者】

昨晩の概況

昨日は前日からの流れを引き継ぎドル高の流れが続き、ドル円は一時124円台に乗せる動きとなりました。ユーロドルは1.09を割り込み下値を探る動きを続けていましたが、ギリシャが実務者レベルで債権者側との合意文書を作成しているとの報道で急騰する場面もみられましたが、欧州側からの否定コメントもあり、上下に揺さぶられる不安定な動きとなっています。
ドル高地合いが続いていますが、テクニカル面ではそろそろ調整に入りそうな通貨ペアが多くなっていることには警戒が必要です

米国株式市場はギリシャ問題が改善に向かう兆しが出たこともあり、前日の下げ幅を取り戻すような動きとなっています。

米10年債

主要通貨ペアの推移

ドル円は欧州時間序盤に買いが強まり、前日のレジスタンスであった123.30付近を突破し上値を追う動きが活発化しNY時間には124円台を達成する動きとなりました。2007年6月の高値である124.13付近の124.07に到達したことで達成感から利食い売りに押される動きとなっています。直下降で上昇となったため、上昇基調はまだ続くと考えられますが、本日は調整による下押しにも警戒が必要です。

サポート候補としては昨日のNY時間序盤にサポートとなった123.45付近や、一昨日に揉み合いとなった123.00付近が挙げられます。

ドル円

ユーロドルは下げ止まる動きとなりました。NY時間序盤にはドル買いの流れにより1.08台前半まで押し込まれる動きとなりましたが、ギリシャ関連の報道により急反発し、その後は不安定な推移となりましたが、ジリジリと上昇する動きとなっています。本日は昨日のレジスタンスであった1.093付近を上抜けることができるかどうかに注目したいところです。

市場では引き続き売りポジションが溢れている状況であるため、ストップ買いが溜まっていそうなところや下がったところでは決済買いが集中し、上昇スピードが速くなり不安定な推移となる可能性もあるため警戒が必要です。

ユーロドル

ユーロ円はドル円に支えられ、底堅い推移となり135円台に迫る動きとなっています。引き続き底堅い推移が見込まれますが、本日はまず、昨日のNY時間のレンジである134.75135.00のどちらに抜けていくかで方向感を探っていきたいところです。

ユーロ円

ポンドドルは欧州時間以降は上値の重い推移が続き1.53に迫るところまで押し込まれる動きとなっています。日足チャートではダブルトップのネックライン割れのような状態となり、またトレンドラインを割り込むような動きとなっていますが、昨日の足は下にも上にもヒゲが残り方向感を探っているような足となっています。そのため、本日は前日のサポートからレジスタンスに転じている1.5356付近を突破できるかどうか、昨日のサポートとなった1.53を守れるかどうかで方向感を探っていきたいところです。

ポンドル

豪ドルは欧州時間からNY時間序盤にかけては下値を探る動きが続き一時0.77を割り込むところまで押し込まれる動きとなりましたが、その後は底堅い推移となり0.77台中盤まで押し戻す動きとなっています。
日足チャートを見ると下落が続いた後に十字線となっているため反発にも警戒が必要と考えられます。

豪ドル

本日の注目材料

本日は欧州時間に英国のGDPの改定値、米国時間は新規失業保険申請件数中古住宅販売件数の発表が予定されています。新規失業保険申請件数が引き続き安定推移を続けることができれば来週の雇用統計に向けての期待が高まると考えられますが、明日にGDPの改定値の発表を控えていることもあり、これまで続いたドル高に多少の調整が入る可能性にも警戒したいところです。

また、昨日もユーロがギリシャ関連の報道で揺さぶられる展開となったため、本日も引き続きギリシャ関連の報道には注意したいところです。
ギリシャ支援に関して明るい報道が出てくると、また溜まったユーロ売りのポジションが吐き出されるような動きとなり早い動きとなる可能性があるため注意したいところです。

【本日の予定】

G7財務相・中央銀行総裁会議
08:50 日対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベース)
10:30 豪13月期民間設備投資
12:45 日2年国債入札
15:20 ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁(投票権あり)講演
16:00 スペイン13月期GDP(確報値)
17:30 英13月期GDP(改定値)
18:00 ユーロ圏5月消費者信頼感(確報値)・経済信頼感
18:15 ノボトニー・オーストリア中銀総裁講演
21:30 米新規失業保険申請件数
21:30 加13月期経常収支
23:00 米4月中古住宅販売保留件数指数
翌0:00 米週間原油在庫
翌2:00 米7年債入札
翌3:45 コチャラコタ米ミネアポリス連銀総裁(投票権なし)講演
翌7:00 マックレムBOC上級副総裁講演

OANDA Japan   オアンダ ジャパン<本記事ご協力>
OANDA Japan株式会社
チーフストラテジスト 佐藤甲様
佐藤甲|OANDAJapan チーフストラテジスト

佐藤 甲

OANDAJapan㈱チーフストラテジスト。 NY時間を中心にディーリング業務を担当し、2012年より現職。ファンダメンタル、テクニカル、時にはシックスセンスを駆使し相場を斬る。夢と希望と情熱あふれる熱血相場師!風貌はラテン系だが、異性には奥手。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト