マーケット

ユミコ14 材料とラインどちらが助けてくれるか

【著者】

高野由美子  *ユミコの心得10か条!FXで重要なコト

!今日のポイント;

どれほどひとつの材料の解釈を行っても、そこには売買の答えはない。
別の新しい材料がでることもある。
分析や読みも、単なる分析と読みにすぎない。
相場では、様々なことに因する実際の動きに速やかに対処していけるかどうかが、損益を左右します。

相場そのものである値動きが相場自身に作った抵抗 =ライン により、
次の動きの芽がでるところを捉えることが大事だと考えています。

これはディーラーになった時から不変。

==============================
*具体的な時間足については、外為どっとコムのレポートで確認できます
*ドル円のコアな見方は外為どっとコム社のわたくしのレポート
中期見通し「パターン分析アナログでいこう」
それを基としたデイリーの見方「日々チェック」でご覧ください。
理屈に左右されないチャートを基準とした見方と、
スムーズな取引に欠かせない的確なラインの引き方が学べます。

==============================
 高野由美子氏のレポートが無料で見れるのは外為ドットコムだけ!
外為どっとコム
*アメーバブログ「高野由美子のFXならドル円でいこう」もご覧ください。
高野由美子

高野 由美子

チェース・マンハッタン銀行(現JPモルガン・チェース銀行)のディーリング・ルームで、男性社会の為替の世界に飛び込む。実戦でチャートの知識を深め独自チャートを作成、千ポイント抜きを可能にした。 史上最高のドル円ディーラーといわれ内外から高い評価を得た。