マーケット

ユミコ19 「ユーロ円上ブレーク初期 逆向き!も見る」

【著者】

高野由美子  *ユミコの心得10か条!FXで重要なコト

WS000007

さあユーロ円は大事なラインを上ブレークして
上の芽がでたなりに上値を伸ばしていますが・・・

その10月末の大事なライン上ブレークに際して、
”なぜ上ブレークが期待できたのか?”ということについての
お約束していた解説です。

10月末はまずは10/28に137.05-25にあった
私的にとても重要だと思っていたラインを上抜けて
上の芽がでました。

そのときに、その後どうなるかを考えるにあたり、
9月にそのラインに対して相場がどう動いたかをみました。

9月の日足チャートを見ると、
そのラインを下から上に抜けたときに、
どちらの側からみても、
ー時間に沿って左から右にみても、
逆に右から左に戻っていってみても、ー
下のラインの強さを確かめた後に
レジスタンスラインを上にぬけていましたから、
まずは上抜けする確率が高いと判断しました。

*その後、9月のようにラインをわりこむようなら
「ああ、せっかく上の芽がでたのにまた伸びずにレンジだったな」
と買いポジションをてじまい次に臨みますが、
割り込まない場合は、
今回のようにそのまま上方向に備えることができ
(基本はラインの下にストップをおいて買いポジションキープ)、
大きくぬくことにつながります。

==============================
*具体的な時間足については、外為どっとコムのレポートで確認できます
*ドル円のコアな見方は外為どっとコム社のわたくしのレポート
中期見通し「パターン分析アナログでいこう」
それを基としたデイリーの見方「日々チェック」でご覧ください。
理屈に左右されないチャートを基準とした見方と、
スムーズな取引に欠かせない的確なラインの引き方が学べます。

==============================
 高野由美子氏のレポートが無料で見れるのは外為ドットコムだけ!
外為どっとコム
*アメーバブログ「高野由美子のFXならドル円でいこう」もご覧ください。
高野由美子

高野 由美子

チェース・マンハッタン銀行(現JPモルガン・チェース銀行)のディーリング・ルームで、男性社会の為替の世界に飛び込む。実戦でチャートの知識を深め独自チャートを作成、千ポイント抜きを可能にした。 史上最高のドル円ディーラーといわれ内外から高い評価を得た。