マーケット

ドル円 上下ラインの中の動き 基準ライン固め

【著者】

================
外為どっとコム社でのレポートに加え、詳細な有料メルマガも始めました。
理屈では勝てない。
他では得られないチャーティーストユミコの細かい知識を身につけながら、
自分で相場を考えて見れるようになる(ライン入りチャート掲載)。
世の中に知られていない大きく勝つために”絶対に必要な”値動きの知識をお伝えする。
新しい視点を得て「世界が変わる!」 双方向!
http://www.gladv.co.jp/members/fx_pattern/
!じっくり学んでいただきたくお値段を抑えています。 パワーアップ中!
================

いったんクロス円が重くなり、ドル円(USD/JPY)は売り目線で下値を伸ばしましたが、基準ライン 112.70 ブレークトライでは 基調時間足RSI値 がいきすぎ到達で伸びには合わずラインの下はオーバーシュートの112.62まででライン固めた格好から反発。

日足ベースでしばらく分かりにくい動きが続いていますが、日足基準ラインを固めた後、本日は、近くのダブルラインをミニ上ブレークになって、固めた後の小さな上の芽がでています。基準のライン上では上昇リスクでまず見ていきます。
リスクシナリオは、クロス円が重くなったときでしょうか。

おまけ: ラインを軸にしていることで、上買い下売りを避けられていることがとても大事です。私のレポート掲載のライン入りチャートを見ていただくと、!1月中旬から今日まで上下ラインの中の動きにおさまっている!ことがわかります。

特に、もしうまくいってとれたとしても、もともと値幅の小さいレンジ時に怪我をすると ”R&Rが合わず” つまらない。    
~くわしくはメルマガの{基本的考え方}で。

~~~~~~
どっとコム社のレポートはつめた内容、メルマガでは詳細な解説でお待ちしています、仲間もいっぱい。

==============================
*具体的な時間足については、外為どっとコムのレポートで確認できます
*ドル円のコアな見方は外為どっとコム社のわたくしのレポート
中期見通し「パターン分析アナログでいこう」
それを基としたデイリーの見方「日々チェック」でご覧ください。
理屈に左右されないチャートを基準とした見方と、
スムーズな取引に欠かせない的確なラインの引き方が学べます。

==============================
 高野由美子氏のレポートが無料で見れるのは外為ドットコムだけ!
外為どっとコム
*アメーバブログ「高野由美子のFXならドル円でいこう」もご覧ください。
高野由美子

高野 由美子

チェース・マンハッタン銀行(現JPモルガン・チェース銀行)のディーリング・ルームで、男性社会の為替の世界に飛び込む。実戦でチャートの知識を深め独自チャートを作成、千ポイント抜きを可能にした。 史上最高のドル円ディーラーといわれ内外から高い評価を得た。