ユミコ27 リスクに備えられている状態 ’16.7.27

【著者】

今見ている大きな流れがどちらかによって、
ラインブレーク初動 で 
その方向のリスクに備えられていることが重要。

下押し中とみているのに、
たとえば 一日単位 で考えてうまくやろうとすると、
途中で売りを手離してしまって売り損ねたり、
逆に買いに転換してしまったら下げられてストップがつき、
売り転換したら今日のように持ち上げられてまたストップがつくといった
負のスパイラルに陥ってしまうことも起きる。
  長い経験で、1日単位は最も難しいと感じる。

最初のサポートラインブレーク 107.00-106.62での
根っこの売りがあればストップは107より上においてあり、
あたふたすることはない。

下も昨日の 104のサポートライン で止められたのを確認して、
売りポジションの一部(全部も可)でも買い戻していれば、
107より上の元のストップがついたとしても利益が残る。

ただいま、有料メルマガの準備中です。
ごいっしょに勉強してみませんか。

==============================
*具体的な時間足については、外為どっとコムのレポートで確認できます
*ドル円のコアな見方は外為どっとコム社のわたくしのレポート
中期見通し「パターン分析アナログでいこう」
それを基としたデイリーの見方「日々チェック」でご覧ください。
理屈に左右されないチャートを基準とした見方と、
スムーズな取引に欠かせない的確なラインの引き方が学べます。

==============================
 高野由美子氏のレポートが無料で見れるのは外為ドットコムだけ!
外為どっとコム
*アメーバブログ「高野由美子のFXならドル円でいこう」もご覧ください。
高野由美子

チャーティスト ユミコの視点 高野 由美子

チェース・マンハッタン銀行(現JPモルガン・チェース銀行)のディーリング・ルームで、男性社会の為替の世界に飛び込む。実戦でチャートの知識を深め独自チャートを作成、千ポイント抜きを可能にした。 史上最高のドル円ディーラーといわれ内外から高い評価を得た。