マーケット

ユミコ29 利食い考慮可 ’16.3.29

【著者】

ドル円は112.30のラインの上ブレークで
上の芽が出たなりに上昇してきました。

上ブレーク狙いの買いポジションは、
結果、ラインブレーク後、その下には大きく戻っておらず、
キープできている状態です。

「日々チェック」に
時間足RSI買い過ぎ での利食い考慮可と書いていますが、
火曜日の昼前後には 
基調時間足が買いすぎに到達し、そこから反落しています。
ユーロドルなどの他通貨も買いの流れになって
ドル円はクロス円の買いで底堅くはありますが、
上は少し重くなっています。

特にレジスタンスライン(今日は113.74 レポートから抜粋)
に近づいたところで買い過ぎになったら、
一部でも利食いをいれておくと悪くありませんので、
おすすめしています。

がその場合は、
買い戻さなければ、次に上抜けした場合には当然、
買いポジションは減っていることになりますので、
買いで取りたい気持ちが強ければ、
下げにくくなったら買戻しも考慮します。

が、そうすると、次は、レンジになってしまうと
利益は多分減ります。

自分が見ている方向へ動いたときにポジションがあればいいし、
戻してしまったらとれなかったがやるだけやったと納得すればいいと思います。
いいとこどりはできません。

==============================
*具体的な時間足については、外為どっとコムのレポートで確認できます
*ドル円のコアな見方は外為どっとコム社のわたくしのレポート
中期見通し「パターン分析アナログでいこう」
それを基としたデイリーの見方「日々チェック」でご覧ください。
理屈に左右されないチャートを基準とした見方と、
スムーズな取引に欠かせない的確なラインの引き方が学べます。

==============================
 高野由美子氏のレポートが無料で見れるのは外為ドットコムだけ!
外為どっとコム
*アメーバブログ「高野由美子のFXならドル円でいこう」もご覧ください。
高野由美子

高野 由美子

チェース・マンハッタン銀行(現JPモルガン・チェース銀行)のディーリング・ルームで、男性社会の為替の世界に飛び込む。実戦でチャートの知識を深め独自チャートを作成、千ポイント抜きを可能にした。 史上最高のドル円ディーラーといわれ内外から高い評価を得た。