マーケット

ユミコ30 売り逃したら・・・ ’16.3.30

【著者】

先週火曜日のドル円の112.31のライン上ブレーク狙いの買いについては、
金曜日に 113.87 のレジスタンスラインで止められた後に、
基調時間足のMACD が下向きになったところからは
できれば売っておきたいところでしたが、

もし、上で売り逃したり、一部でも買いを残したような場合、
3/22に 112.31 で上にブレークしたその日に、
そのラインの下に基本ルーティーンのポイント数を離して置いたストップはまだついておらず生き残っていますね。
(*ルーティーンについては 外為どっとコム社の「わたくしのレポートの見方」参照)

そういう失敗したなという時は、
112.02からここまでもどしてきたところで「戻って助かった」と売るか、
クロス円の強さに自信は無くともかけて、
ストップそのままにするかなど考えます。

*私の場合は、
特に自分の得意方向でない買いでは損を出さないと決めているので、
ユーロドルの買いに惹かれている今は
ドル円のロングはあまり気持ちがよくはありません。

==============================
*具体的な時間足については、外為どっとコムのレポートで確認できます
*ドル円のコアな見方は外為どっとコム社のわたくしのレポート
中期見通し「パターン分析アナログでいこう」
それを基としたデイリーの見方「日々チェック」でご覧ください。
理屈に左右されないチャートを基準とした見方と、
スムーズな取引に欠かせない的確なラインの引き方が学べます。

==============================
 高野由美子氏のレポートが無料で見れるのは外為ドットコムだけ!
外為どっとコム
*アメーバブログ「高野由美子のFXならドル円でいこう」もご覧ください。
高野由美子

高野 由美子

チェース・マンハッタン銀行(現JPモルガン・チェース銀行)のディーリング・ルームで、男性社会の為替の世界に飛び込む。実戦でチャートの知識を深め独自チャートを作成、千ポイント抜きを可能にした。 史上最高のドル円ディーラーといわれ内外から高い評価を得た。