マーケット

ユミコ6 ドル円の売りは結果いきた ’16.7.6 

【著者】

7/1の103.40を付けたあとの売りポジションは昨日までキープし、
直近安値を更新していったんの達成感がでた102.42まで確認した後に
いったん買い戻しましたが、

そこから上がってもいいところ
上がっていかず反落してきました。

そして、基調時間足のMACDも下向きになってきたため、
再度売りなおしています。

その時点ではユーロドル買いの流れになりやすい配置で、
そうなればドル円も売り気になるだろうと考えた上での売りでした。

結果としては、
ユーロドルは上値トライとなりましたが
その後レジスタンスでぴたりとめられて反落して
クロス円の売りになっており、
ドル円・ユーロドルともに重い展開になって
ドル円の売りは生きました。

==============================
*具体的な時間足については、外為どっとコムのレポートで確認できます
*ドル円のコアな見方は外為どっとコム社のわたくしのレポート
中期見通し「パターン分析アナログでいこう」
それを基としたデイリーの見方「日々チェック」でご覧ください。
理屈に左右されないチャートを基準とした見方と、
スムーズな取引に欠かせない的確なラインの引き方が学べます。

==============================
 高野由美子氏のレポートが無料で見れるのは外為ドットコムだけ!
外為どっとコム
*アメーバブログ「高野由美子のFXならドル円でいこう」もご覧ください。
高野由美子

高野 由美子

チェース・マンハッタン銀行(現JPモルガン・チェース銀行)のディーリング・ルームで、男性社会の為替の世界に飛び込む。実戦でチャートの知識を深め独自チャートを作成、千ポイント抜きを可能にした。 史上最高のドル円ディーラーといわれ内外から高い評価を得た。