鈍い相場展開続く

【著者】

外国為替マーケット情報|2014/04/23

昨日はアジア時間午後に日経平均が値を下げたことから円買いが進む場面もありましたが長続きせず、欧州勢のイースター休暇明けはスロースタートとなりました。
米国時間に発表された米国経済指標はすべて市場予想を上回る結果となりました。ただし、注目の高かった中古住宅販売件数は市場予想を上回ったものの、前回数値を下回る結果となったことから住宅市場の伸び悩みは意識されリスクオン地合いが大きく進む展開とはなりませんでした。米国株式市場は上昇、米国10年債利回りは上昇をみせる場面もみられましたが、上値も重く、なんとか2.7%台を維持している状態となっています。為替市場は来週にFOMC、雇用統計を控えていることもあり小動きにとどまっています。

0423ny

【主要通貨ペアの動き】

ドル円は102.41-102.72と狭いレンジ内の推移となりました。底も堅く、上値も重い動きにくい状態が続いています。本日は今週に入り3度上値を抑えている102.70近辺を上抜けるか、先週末のサポートとなっている102.30を下抜けるかで方向感を探っていきたいところです。
本日はアジア時間に中国のHSBC製造業PMIの速報値、欧州時間にはユーロ圏のPMIラッシュ、米国時間には新築住宅販売件数、米国製造業PMIなど小粒ぞろいのラインナップとなっています。個々の指標のインパクトは限定的と思われますが、「弱いものが続く」や「強いものが続く」など偏った結果となるとリスク地合いを左右し流れを作るかもしれません。

0423usdjpy

ユーロドルは1.38を挟んだ推移で底は堅いものの上値も重く方向感のない推移が続いています。時間足チャートでみると上値を切り下げている状態であることから、どちらかといえば下向きとも考えられ、サポートと考えられる1.378を割り込むと下方向への圧力がさらに高まると予想されます。

本日はユーロ圏のPMIの速報値が発表となります。弱い結果となればECBの追加緩和観測を後押し、強い結果となれば追加緩和観測を後退させる材料となることが予想されます。フランス、ドイツ、ユーロ圏の順で発表され、上下に揺さぶられる可能性があるため注意が必要です。

0423eurusd

ユーロ円も方向感なしの動きが続いています。アジア時間終盤に下値を切り下げる動きとなったものの141.20近辺で下げ止まり反転、終わってみればほとんど動いていない状態となっています。今週は141.80付近で数回上値を抑えられていることから141.80.さらには節目の142.00を上抜けることができるかどうかに注目したいところです。下は昨日のサポート141.20、先週末のサポート141.00が意識されそうです。

0423eurjpy

ポンドドルは昨日は欧州時間から上値を伸ばす展開となりましたが、先週の高値近辺である1.684近辺で上値を抑えられる展開となりました。今週、先週と2回同じところで上値を抑えられていることから、本日はこのラインを上抜けることができるかどうかに注目が集まります。抜けたところにはストップ買いが眠っている可能性が高いと思われます。サポート候補は先週末からのサポートとなっている1.6775近辺と予想され、下抜けるとダブルトップのネックライン割れとなり下押し圧力が強まると考えられます。

本日はBOEの4月の金融政策会合の議事録の発表が予定されています。相場に大きな影響を与える内容にはならないことが予想されますが、市場の予想する利上げ開始時期に影響を与えるような内容が含まれていると大きな動きとなる可能性があり、また大した内容でなくても発表直後は上下に振れる可能性があるため注意が必要です。

0423gbpusd

豪ドルは底堅さを見せたものの先ほど発表された消費者物価指数が市場予想を大きく下回る結果となったことから売りが加速しています。現在サポートの第一候補である0.93近辺での推移しており、下抜けると下落圧力が加速する可能性も浮上します。

0423audusd1

【本日の注目材料】

先ほど発表された中国の製造業PMIは市場予想通りの48.3と50を下回る弱い結果となったことから中国景気減速懸念は引き続き相場に暗い影を残したままとなり、米国時間にも再度意識される可能性を残す結果となりました。
欧州時間にはユーロ圏のPMIの発表が予定されています。弱い結果が続くとECBの追加緩和観測を後押ししユーロの上値を重くすると予想されます。

米国時間には最近注目度が増しつつあるマークイットの米国製造業PMI、新築住宅販売件数の発表が予定されています。新築住宅販売件数は市場予想は前月よりも増加となっていることから弱い結果となると昨日の弱い中古住宅販売件数の結果と併せて米国住宅市場の伸び悩みを強く意識させられリスク回避地合いが強まるかもしれません。

【本日の予定】

10:30 豪1-3月期消費者物価指数
10:45 中国4月HSBC製造業PMI(速報値)
16:00 仏4月製造業、サービス業PMI(速報値)
16:30 独4月製造業、サービス業PMI(速報値)
17:00 ユーロ圏4月総合、製造業、サービス業PMI(速報値)
17:30 イングランド銀行金融政策委員会(MPC)議事録公表(4月9日開催分)
17:30 英3月財政収支
18:00 ユーロ圏2013年政府債務
19:00 英4月CBI製造業受注指数
20:00 米MBA住宅ローン申請指数
21:30 加2月小売売上高
22:45 米4月マークイット製造業PMI・速報値
23:00 米3月新築住宅販売件数
23:30 米週間原油在庫
翌0:30 ファンロンパイEU大統領、トゥスク・ポーランド首相会談
翌1:00 オリバー加財務相講演
翌2:00 米5年債入札(350億ドル)

OANDA Japan   オアンダ ジャパン<本記事ご協力>
OANDA Japan株式会社
チーフストラテジスト 佐藤甲様
佐藤甲|OANDAJapan チーフストラテジスト

【闘魂注入】シュラスコ佐藤の大胆予想! 佐藤 甲

OANDAJapan㈱チーフストラテジスト。 NY時間を中心にディーリング業務を担当し、2012年より現職。ファンダメンタル、テクニカル、時にはシックスセンスを駆使し相場を斬る。夢と希望と情熱あふれる熱血相場師!風貌はラテン系だが、異性には奥手。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト