NY休場で方向性出ず

忙しい人のサマリー

NY休場で方向性出ず

ドル円は一時円高進行も111円台回復

リラ、物価強めで売りが出るものの、中銀発言で戻す

-+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–

【東京市場】円高がやや優勢な展開に

ドル円は頭の重い展開となった。
 
 朝方は円売りがやや優勢に。前週末終値に近い111円ちょうど近辺で始まった後、円安が優勢となり、111円19銭近辺まで。

 目立った材料が出たわけではなく、NY市場が休場(レイバーデー)となる中で、ポジション調整の動きなどが優勢に。

 もっとも111円20銭手前の売りに頭を押さえらえると、その後は円高が優勢に。

 先週報じられたトランプ大統領による2000億ドル規模の追加関税発動報道などが重石となっている。

 先週末に報じられた日銀の国債買い入れ変更に絡んで日本の長期金利が上昇している件で、14時40分から実施される黒田日銀総裁の講演への期待感も円買いに。

【ロンドン市場】リラ振幅

 リラの動きを中心に新興国通貨が振幅を見せた。
トルコの物価統計は、CPI.PPIともに予想を超えるかなりの物価上昇となり
一時リラ売りが優勢に。
しかし、トルコ中銀が必要な措置をとる。9月会合で金融政策スタンスを調整するとの発言を行い
一転してリラの買い戻しに。

 ドル円は111円台を回復。
黒田日銀総裁講演は先物市場動向についてが中心で、金融政策に直接言及するものがなく、材料とはならず。
東京市場での円高に対する調整が入る格好となった。

【NY市場】休場

【本日の見通し】もみあい

 木曜日の中国への2000億ドル規模の追加関税、金曜日の米雇用統計などのイベントを前に、動きは限定的なものとなりそう。

 ドル円は111円ばさみを中心としたレンジ取引が続くか。

 休場明けのNY勢の動きが気になるところであるが、こちらも対中追加関税発動までは動きにくい面も。

 

【本日の戦略】レンジ意識

 週後半に向けてレンジ取引が基本となりそう。

 デイトレは111円台前半のレンジを中心にした取引となりそう。
 スウィングはやや難しいが110円台での買いを意識したいところ。
111円台半ばトライの流れを見て、早めに利益確定も。

 いずれも110円80銭割れではいったんストップの意識。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅

minkabu PRESS編集部 山岡和雅

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶ(現ミンカブ・ジ・インフォノイド)グループに入り、現在、minkabu PRESS編集部外国為替情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」スバル舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香出版社など