マーケット

10年ぶりの利上げ!FOMCで今年の相場は終了か?

【著者】

昨晩、FOMCの政策金利が発表されました。

結果は市場予想通り、0.25~0.50%へ利上げ。米国が利上げしたのはおよそ10年ぶりだそうです。

これからは利上げサイクルの期間に入っていきます。現状のFOMCの利上げ速度は、2016年内に利上げを4回程度行うペースで見ているそうです。
よって、順調に進めば政策金利が1.5%になる可能性があります。

今回のイベントにより、新たな布石が打たれましたので、来年はこの利上げを想定基準として相場が動くのではないでしょうか。

ドル円チャート4時間足を見てみる

ドル円4時間足
FOMCの結果により、122円を超えてきました。市場予想ではある程度織り込み済みだったので、そこまで大きくは上昇しておりません。

サプライズとしては、市場予想は2016年中は3回ほど利上げする、が平均でしたから、ややサプライズ感を入れて今のレート水準で保っているのではないでしょうか。
レジスタンスである、122.20をあっさり潰してしまっており、トレンド的には下向きでしたが、ここのラインを破壊したことにより、方向感が失われたといっても良いでしょう。

RCIは3本とも上向き、但し、移動平均線やローソク足は、まだ下向き方面。ただし、重要なレジスタンスを突破。

よって、今日のチャートは迷いが生じておりますので、トレードをお休みしなければならない形状です。

順張りエントリーは控える期間が数日から数週間続きそうな、そんな形になっております。

カナダ円にも変化あり!

カナダ円4時間
先日、こちらのコラムにて原油価格と連れ安になるカナダ円を紹介させていただきました。
こちらも、今回のFOMCにより、いったん終息の形になっております。
今朝ほど、僕はすべて利食いをいれて終えました。

移動平均線7が25線を越えてしまったこと、ローソク足も25線の上、さらに7線の上で推移してしまったことが原因です。
RCIもすべて上向き調子です。引き際です。
利食いのタイミングだと思われます。
頭としっぽはくれてやれの格言通り、非常にきれいなトレードができた一例だと思われます。

明日は日銀の金融政策決定会合がありますが、これを終えると本格的にクリスマス相場になってきますので、今年のトレードも終了になりそうです。

【注目!】高勝率!著名個人投資家レポートに注目!

ブログはコチラ↓↓ FXや株など幅広いネタで毎日更新中~♪
ひろぴーの読むFX

ひろぴー

ひろぴー

一般サラリーマンとして働く傍ら、ライフスタイルに合わせた必要最小限の時間で資産を増やすことについて日夜研究考察を進め、トレード大会で優勝したり、メディア出演も多数あり、その実力は本物。 有名トレーダーの手法を取り入れ、自己流にアレンジするハイブリッド手法を得意とし、ファンダメンタルズもテクニカルも直感も全て磨きをかけているFXマン