日経平均反発でドル円再び102円台

【著者】

外国為替マーケット情報|2014/04/16

今週末はロング・ウィークエンド

ウクライナ情勢の緊迫化を受けて、米長期金利は再び2.60%付近まで低下しましたが、その後日本の追加緩和期待が高まったことや、日経平均が大きく上昇したことから2.65%台まで反発しています。

ドル円相場も、日経平均の反発と米長期金利の上昇を受けて再び102円台前半の動きとなっています。

今週は、明日木曜日から欧州諸国の一部がイースター休暇に入ります。そして金曜日はオセアニア諸国、欧州諸国のほとんどが休日です。またアメリカも銀行は営業日でドルの決裁もありますが、NY証券取引所や、シカゴIMMなどの取引所は休場です。

したがって、米長期金利や日本株、ドル円の戻しは、積極的な動きと言うよりも、米雇用統計以降の動きが休暇シーズン前に巻き戻されている、というのが正しい見方ではないでしょうか。

<本記事ご協力>

チーフストラテジスト 高野やすのり様
■メッセージ等はこちら
>>高野やすのり様プロフィールページ

高野やすのり|FXプライムbyGMO

プライスはすべてを織込む!チャートで世界を見通せ 高野 やすのり

慶應義塾大学商学部卒 チェース・マンハッタン、スイス・ユニオン、ファースト・シカゴなどでインターバンクディーラー業務に従事。 株式会社FXプライムbyGMO チーフストラテジストとして、長年培ってきた経験を生かし、インターネット上のコンテンツや、ラジオ、セミナーを通じて正しいFXの知識や、FXの魅力を広める為の活動を行う。 NPO法人日本テクニカルアナリスト協会 認定テクニカルアナリスト