ドル円125円の謎

【著者】

ドル円の125円がなかなか抜けてきません。

ISM非製造業景況指数で125.00円をタッチしましたが、この時はほんの一瞬だけ2回タッチしたに過ぎませんでした。
その後、雇用統計が前月の結果の上方修正もあり、発表直後の下落で積極的に買われる動きとなり再び125円をトライ。ここでは125.06円まで上昇しました。一度目は短期勢の利益確定が優勢となり下落したのでしょうけど、その後再度抜けてきた時も125.02円まででした。

ドル円125円

そして、本日も欧州のスタート後に125.05円まで上昇しましたが、やはり125円に乗せることができませんでした。

まるで今後125円より上に上昇することがないことを知っているかのように、驚くほど止められています。
昨日のNYカットのオプションは125円よりも124円の方が大きかったところをみると、恐らくこのオプションを持っているところがせっせと売っているのではないかと思います。

ちなみに、今週末で消滅する大きなオプションは124.00円に1400本ほど、124.50円には1000本程度。このレンジでガンマトレードが行われており、結果124-125円にきれいに収まっているという構図には納得がいきます。

ドル円の上昇はお盆明けと書いていることもあり、ここまでは予想通りとなっているようでなによりですが、125円というキリの良い大台を素直に越えていけないとなると、通常であれば一度大幅な調整となりそうです。

日経平均年初来高値目前で急落

さて、日経平均が年初来高値を更新すればドル円の押し上げ要因となるでしょう。しかし、6月と違いファーストリテイリングとファナックの下落でTOPIXは年初来高値を越えているものの日経平均はおいていかれている状況にあります。

そんな状態にありながら、本日の日経平均は20,946円まで上昇。年初来高値まであと7円に迫りましたが、11時から急激に売りが入りマイナス圏へ突入。一時20,582円まで下落し終わってみれば20,720円と誰も考え付かなかった展開となっています。

どうもこの日経平均といいドル円の値動きといい、似たようなものを感じます。

2つとも非常に巨大な市場ですので、ファンド一つが動いたところでどうにかなるようなものではないものの、なにか市場の大きな思惑から越えられない2つ壁ができていることは間違えなさそうです。

ちなみに、大手米銀であるシティのストラテジストのレポートによると「ドル円はロングを推奨」しています。
戦術は124.80円でロングしターゲットは128.50円。ストップロスは122.95円に設定。今がちょうど買いの水準となっていますが、これまでの125円の攻防を見ていれば、もう少し様子を見たいところ。125円にしっかりと乗せてくる動き(少なくとも125円台で1時間以上の滞在は欲しい)が無ければ、安易に買っていくことは難しそうですね。

>>個人投資家の注文状況をトレードに生かそう!

川島寛貴|みんなの外為スタッフ

川島寛貴|みんなの外為スタッフ

みんなの株式の立ち上げ当初からプロデューサーとしてアライアンス業務を推進。みんなの外為、みんなの米国株、みんなのコモディティなど兄弟サイトの立ち上げも担当。通称「為替王子」