注目PickUp

1ドル125円まで上昇!2015年後半のドル円予想まとめ

【著者】

ドル円125円到達!今後の高値更新はあるのか?

2015年に入り、日経平均株価は2万円を突破!!
歴史的な記録である12連騰を記録し、空前の株高に世界中投資家が日本株に注目しています。

一方ドル円相場も順調に上昇!

2015年内にアメリカの利上げがほぼ確実視されると、ドル円相場は年初来高値を更新!!

一時125円を突破するほどの円安ドル高が進行しました。

ドル円2015

2012年秋のアベノミクス草創期にはドル円は78円台でしたから、実に47円もの上昇幅となった訳です。

米国の利上げがあるとなると、今後もこの流れは続きそうですが果たしてどうなのでしょうか。

為替王子こと川島さんに聞いてみると、今後のドル円は円安方向で動くと予想。
想定レンジ幅は、安値が119円、高値が128円だそうです。

ただし、もしも日銀が金融緩和を発表すると瞬間的に135円ほど円安が進む可能性も十分あるとのことです。

今からまだ10円も円安が進むとなると、FXトレーダーとしては楽しい限りですね!

金融機関の2015年ドル円見通しは?

では、そのそも銀行や証券会社、外銀などは2015年のドル円相場をどのように予想していたのでしょうか。

昨年12月にアップしましたこちらの記事(2015年為替相場はどうなる!?)と見比べつつ、ご覧ください。

最近のレポートがあるところは予想値をアップデートしつつ、見ていきましょう!!

金融機関・投資家 ターゲット・予想レンジ 方向性
ゴールドマンサックス 130円 円安
シティバンク 119円-127円(7月末まで) 円安
JPモルガンチェース 110円-130円 円安
三井住友銀行 125円 横ばい
みずほ銀行 120円-130円 円安
日本総研 118円-128円 円安
山本雅文(元日銀マン) 130円 円安
西原宏一(元シティバンクチーフ) 130円 円安
ワカバヤシFX 119円-130円 円安
矢口新(元機関投資家) 115円-130円 円安
ひろぴー(有名個人投資家) ~130円 円安

やはり、これだけ円安が進んでいるなかでは今後も円安方向への予想が多くなっていますね。高値予想としては、130円が一番多くなっています。

この記事の作成途中で米国雇用統計が発表され、ドル円は126円付近まで上昇しております。

この予想値を探す途中でJPモルガンレポートに非常に興味深いものがありました。

「それは市場の6割が来年1月までの日銀の追加緩和を見込む」というものです。それも、10月ごろに追加緩和が行われる可能性が一番高いと見込んでいるようです。

秋といえば、ちょうど米国の利上げが行われると予想されている時期です。
そんな時期に、日本が金融緩和を行えばドル円は凄まじく上昇しそうですよね。

いよいよ上昇に拍車が掛かってきた為替相場に、今後も目が離せません!!

個人投資家ひろぴーはこの相場をどうみる!?

ひろぴーこの凄まじい相場展開を受け、あの個人投資家さんからもコメントをいただきました!

FXトレードバトルで大活躍されたサラリーマントレーダー代表で、みんなの外為のドル円レポートも高精度で大人気のひろぴーさんの今後の相場見通しです。

ドル円 2015年後半予想

125~130円を12月ごろに予想
ただし、すでに秋ごろには130円を突破し、130円前半の域に到達してからの反落をイメージ。
または125~128円に突っ込んだあと、もみ合い後、反落。上昇して120円台後半に停滞。

理由としては2000年代前半をイメージ。利上げはするものの、織り込み済みで大き目のレンジか。

ユーロドル 2015年後半予想

1.08~1.13を12月ごろイメージ
1.00のパリティの可能性もあるが、現在のポジションの傾きをみると到達は困難。
1.18以上を一旦突破すれば、可能性があるが、ショートに傾きすぎなので、1.05は割れても戻ってくると思われる。

ギリシャ問題は解決すれば1.25までは戻る可能性あり。
----------------------------
今回のドル円の上昇では、多くの個人投資家が売り向かってあまり利益を得られていないとも聞きます。

しかし、まだ上昇が始まってから10日程度。

これらの情報が取引の参考となりましたら幸いです!!