英インフレリポートに注目

【著者】

外国為替マーケット情報|2014/08/13

昨晩の概況

おはようございます。朝相当涼しく、秋の気配?と5時半ごろのわんこ散歩で思いましたが、そんなはずもなく、気温はすぐ上がってくるそうです・・・・残念!早く秋にならないかな?昔は夏大好きでプールの監視員のバイトを高校~大学まで6年間やっていたので半端ない焼け方してました。今は、太陽の下になるべくいたくない。変われば変わるものです・・・・。

さて、相場はチャートを一瞥して、まずあれ?と昨日も思ったのですがドル円の下げが9時半前にスタートしていたこと。ニュースや材料はなかったようでしたが、強いて言えば米10年債の利回りが午後8時17分ごろを天井に下落に向かい東京の安値102.22を割って下がってきたのが午後9時半前だったぐらいでしょうか?米債は2.415%レベルで午後10時14分に底打ちして上昇に向かい、これに連れてドル円も上昇しましたが、8月11日の高値2.44%レベルを越えて上がってもドル円は102.28から全く上がらず利回りは2.45%を突破して2.50%を瞬間越える場面もあったものの、ドル円はアジア・欧州の高値102.37には届かず102.30すら超えない状態のまま102.26でクローズしており、この点がどうして昨日は連動しなかったのか不思議でした。

ユーロドルは1.3340~1.3350に1800本も期日を迎えるオプションストライクがあったらしく、突っ込んで売りたくないなぁと正直思いましたが、1.3336を安値に午前3時には1.3370まで反発。浅めに戻り売りした連中は逃げ場がないような展開でした。まだショートは残っていると思います。というかまだこれから1.34にかけて戻り売りっぽいですから。

今晩は午後6時半の英インフレリポートに注目が集まります。さて、発言・ニュースをチェックしてまいります。ではまたのちほど。本日もよろしくお願い申し上げます。

米10年債の利回り上昇に反応薄だったNY市場後場が不思議とツイートしましたが、チェックしたニュースにも同じような内容が。fx waveでも「ドル円は米長期金利の上下に振らされる状態が先行したものの、次第に感応度を喪失していった。」とありました。やっぱり同じところに目が行くんだな!

今の102.283っていうドル円水準、微妙だなぁ。105円台から引いてきた日足抵抗線が今日現在102.27レベル。200日移動平均線も102.297。昨日の午後から市場ポジションはショートになっていると思っていたが、欧州時間に102.37までやった後、NYで102.09まで午後10時過ぎ(日本勢が見ていられる時間帯)に下がっており、逃げようと思えばコスト以下で逃げられたと思うので、それほどしこりは大きくないと判断します。102.017が21日線、101.973が90日線、一目日足雲も101.920-883にあり、101.85-102.05のサポート感が強いと思い、101.80割れにストップを置きながら買うスタンスですが、あと数分でGDPなのでオーダーは入れません。102.35-40から上は売り目で、102.50、102.65、102.80は節目に売りが並んでいそうです。では。

インターバンクの出会いは正確にはわからないが、102.29レベルから102.24まで下がって102.31まで買い戻され、何事もなかったように102.28に戻りわずか5分でアジアは終わりました・・・・・もうお終い?お盆だなぁ。

ドル円・ポンド円・豪ドル円は買い ユーロドル・ユーロ円・ニュージー円は売りとまちまち

<ドル円 買い>
ドル円は買い方針ですが、無理に手出ししない。102.100で買い。ストップは101.750で。
利食いは102.350、102.450でイメージ。市場はまだショートっぽいですが、それほど大きな金額ではないのでは。日本のGDPはほとんど動かずでした。
レンジ 101.900(102.100)–(102.350)102.450 
作成時 102.279-283 9:42AM

<ユーロドル 売り>
ユーロドルは1.33750、1.33850で売りから。ストップは1.34100に置きながら、1.33450、1.33350で利食いするような回転をイメージしました。
レンジ 1.33350(1.33450)–(1.33750)1.33850 
作成時 1.33643-650 9:47AM

<ユーロ円 売り>
ユーロ円は136.950、137.050で売りから。ストップは137.200に置きながら、136.550以下、136.450で利食いするような回転をイメージします。
レンジ 136.450(136.550)–(136.950)137.100 
作成時 136.674-683 9:52AM

<ポンド 買い>
ポンド円は171.600、171.450で買いから。ストップは171.250に置きながら、172.050、172.150で利食いするような回転をイメージします。
レンジ 171.400(171.600)–(172.050)172.150 
作成時 171.814-826 10:08AM

対ドルは1.67850、1.67700で買いから。ストップは1.67550に置きながら、1.68250、1.68350で利食いする回転をイメージしました。
レンジ 1.67650(1.67850)–(1.68250)1.68350 
作成時 1.68054-067 9:56AM

<豪ドル 買い>
豪ドル円は 94.610、94.510で買いから。ストップは94.250に置きつつ、95.000、95.150で利食いするような買い先行の回転を考えました。
レンジ 94.400(94.550)–95.000(95.150) 
作成時 94.908-917 10:18AM

対ドルは0.92600、0.92500で買いから。ストップを0.92350に置きながら、0.93050、0.93200で利食いを行うロング回転をイメージしました。
レンジ 0.92500(0.92600)–(0.93050)0.93200 
作成時 0.92814-826 9:57AM

<ニュージーランドドル 売り>
ニュージー円は 86.400、86.500で売りから。ストップは86.750に置きながら、85.850、85.750で利食いするような回転をイメージしました。
レンジ 85.750(85.850)–(0.86400)0.86500 
作成時 86.130-145 10:22AM

対ドルは上値が重たくどうもAud/Nzdの買いが入っているようです。0.84400、0.84500で売りから。ストップは0.84750に置きながら、0.84100以下、0.84000にかけて利食い場を探す方針。
レンジ 0.84000(0.84100)–(0.84400)0.84500 
作成時 0.84219-236 9:59AM

新規口座開設はこちら
デモトレ大会6回戦

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

相場は知的格闘技!元気に相場と戦いましょう! 小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役