マーケット

ユーロ圏の消費者物価指数、原油価格に注目

【著者】

昨晩の概況

昨日は欧州時間に発表されたスペインの消費者物価指数で市場予想以上にマイナスが拡大していたこと、ザクセン州を始めとするドイツ各州の消費者物価指数が弱い結果となったことから、追加緩和が意識され、ユーロ売りが進む展開となりました。注目されたドラギ総裁の会見ではECB内が一枚岩であることを強調、追加策の議論はすべての資産が対象になっているとしたものの新鮮味を欠きユーロ売りを加速させるには至りませんでした。
また、OPEC総会では原油の減産合意には至らず、原油価格が急落となったことでカナダドル、ノルウェークローネ、さらには英ポンドといった原油価格の影響を受けやすい通貨ペアが売られる展開となりました。
その他通貨は米国市場が感謝祭で休日となったことから米国時間は閑散とした状態が続きました。

スクリーンショット-2014-11-28-10.12.52

【主要通貨ペアの推移】

上値の重い推移が続いたドル円はアジア時間終盤に下値を探る動きが活発化し先週からのサポートである117.35を割り込む動きとなったものの117.25付近では底堅く幾度と跳ね返す動きを見せた後、反発に転じる動きとなりました。昨日の動きから下がったところでは買いたい参加者が多いことが改めて意識されたことから、まだしばらくは底堅い推移が続くことが予想されますが上値の重さも引き続き残ると考えられ、短期的な大きな上昇を価格で調整ではなく、時間で調整するような動きとなるかもしれません。

スクリーンショット-2014-11-28-9.29.40

ユーロドルはユーロ圏各国の消費者物価指数が弱い結果となったことから売りが強まり時間足ではヘッドアンドショルダーを形成中、1.2443付近がネックラインとなっていることから、割り込むと1.24割れへ再トライとなる可能性が高まります。本日は欧州時間にユーロ圏の消費者物価指数の発表が予定されており、弱い結果となると追加緩和が意識され売りが強まると考えられます。

スクリーンショット-2014-11-28-9.30.49

ユーロ円は引き続き方向感の薄い推移が続いています。今週に入り続いている146.40-147.40の狭いレンジをどちらに抜けてくるかで方向感を探っていきたいところです。

スクリーンショット-2014-11-28-9.30.21

堅調な推移が続いていたポンドドルは欧州時間以降失速、原油価格の下落を売り材料となり、1.57に迫るところまで下値を探る動きとなりました。今のところ安値を結んだトレンドラインを割り込んでいる訳ではないため、下落トレンド入りしたとは言えないものの、引き続き原油価格にも注目しながら下げ止まり箇所を探っていきたいところです。まずは今週までレジスタンスとなっていた1.574付近を上回ることができるかどうかに注目したいです。

スクリーンショット-2014-11-28-9.32.06

豪ドルはアジア時間は堅調な推移が続いたものの、欧州時間以降は下値を探る動きが活発化し再度0.85に迫る動きとなっています。長い上ヒゲを残す動きとなっていることから、本日も上値の重い推移となることが予想され、年初来安値である0.848付近を割り込むことができるかどうかに注目したいところです。

スクリーンショット-2014-11-28-9.32.54

【本日の注目材料】

本日は欧州時間に英国ネーションワイド住宅価格、ユーロ圏の消費者物価指数及び失業率などの発表が予定されています。英国の住宅価格の伸び悩みが目立つようであればポンドの上値圧迫材料となります。ユーロ圏の消費者物価指数は昨日のスペインの消費者物価指数、ドイツの消費者物価指数から弱い結果となることが予想されます。ドラギ総裁はこれまで消費者物価指数が下落した際には躊躇なく行動したことが多いため今回弱いとなんらかの行動に出るのではとの意識が高まりユーロ売りが続くと思われます。

ただし、思いの外強い結果、またはそれほど弱くない結果となると、相場が肩透かしを食らった状態となり短期的に反発が強まる可能性もあるということには注意したいところです。
また、米国時間は感謝祭後ということで米国市場の取引時間が短縮されることから閑散とした流れになると予想されます。

【本日の予定】

NY証券・債券市場、短縮取引(感謝祭の休場後)
08:30 日10月失業率・有効求人倍率
08:30 日10月全国消費者物価指数
08:50 日 対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベース)
08:50 日10月鉱工業生産(速報値)
09:00 NZ11月ANZ企業信頼感
09:05 英11月GfK消費者信頼感
12:45 2年債入札(2兆7000億円)
16:00 英11月ネーションワイド住宅価格
18:30 コスタ・ポルトガル中銀総裁講演
19:00 ギリシャ7-9月期GDP(確報値)
19:00 ユーロ圏10月失業率
19:00 ユーロ圏11月消費者物価指数(HICP)
20:00 ワイトマン独連銀総裁講演
22:30 加7-9月期GDP・9月GDP

OANDA Japan   オアンダ ジャパン<本記事ご協力>
OANDA Japan株式会社
チーフストラテジスト 佐藤甲様
佐藤甲|OANDAJapan チーフストラテジスト

佐藤 甲

OANDAJapan㈱チーフストラテジスト。 NY時間を中心にディーリング業務を担当し、2012年より現職。ファンダメンタル、テクニカル、時にはシックスセンスを駆使し相場を斬る。夢と希望と情熱あふれる熱血相場師!風貌はラテン系だが、異性には奥手。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト