マーケット

米国小売売上に注目 その2

【著者】

昨晩の概況

昨日は目立った経済指標はないなかで、ドル高地合いが続いていましたが、NY時間序盤に浜田内閣官房参与の購買力平価からすると円はドルに対してかなり安いとのコメントからドル円が急落したことがキッカケとなりドル売りがその他通貨にも波及し、上下に揺さぶられる荒れ相場となりました。

また、英国で来月予定される総選挙に関しての世論調査でキャメロン首相の率いる保守党の支持率が上昇し、EU離脱を唱える英国独立党の支持率が低下したことなどが安心感を与え、ポンドの下支え材料となっています。
他市場では米国株式市場が軟調な推移、米国債利回りも上値の重い推移となりドルの上値を圧迫、また原油価格は稼働リグ数の減少を背景に上昇となっています。

スクリーンショット-2015-04-14-9.20.48

【主要通貨ペアの推移】

ドル円は欧州時間序盤に堅調な推移となったものの、NY時間序盤に浜田内閣官房参与のコメントをきっかけに下落となりストップ売りを次々にヒットし120円台を割り込むところまで下落となりました。その後は反発となり120円台を回復するも本日アジア時間序盤には120.00を割り込み上値の重い動きとなっています。

本日は昨日の安値となった119.70を守れるかどうか、120円台をしっかりと回復できるかどうかで方向感を探っていきたいところです。

ドル円

ユーロドルは欧州時間序盤に下値を探る動きとなり1.052付近まで下値を切り下げる動きとなののその後は底堅い動きとなり、一時1.06台を回復するところまで盛り返す場面も見られました。しかし、上値の重さものこり1.05台での後半での推移となっています。

本日はしっかりと1.06台に戻すことができるかどうか、NY時間午後のサポートとなった1.056を守れるかどうかで方向感を探っていきたいところです。

ユーロドル

ユーロ円は欧州時間に崩れ出し、NY序盤には浜田内閣官房参与のコメントを受け上下に大きく揺さぶられる展開となりました。その後も上値の重さは残り、127円台を回復できずにNYクローズとなりました。

本日はまず127円台を回復できるかどうか、昨日のNY午後のサポートとなった126.80付近を守れるかどうかで方向感を探っていきたいところです。

ユーロ円

ポンドドルはアジア時間は下値を探る動きとなったものの、欧州時間以降は堅調な動きとなりました。世論調査でキャメロン首相率いる保守党の支持率が上昇、EU離脱を唱える英国独立党の支持率が低下したことなども意識されたようです。

本日は欧州時間に英国の消費者物価指数の発表が予定されているため、発表前後は大きく上下に揺れる可能性が考えられるため警戒が必要です。

ポンドドル

豪ドルは冴えない中国の貿易終始の発表、また、ドル高地合いが続いたことから上値の重い推移が続きました。年初来安値は更新とならなかったものの、引き続き下落リスクは残ったままと考えられ、本日も年初来安値の0.7533、節目の0.75を守れるかどうかに注目が集まります。

豪ドル

【本日の注目材料】

本日は欧州時間に英国の消費者物価指数の発表が予定されています。原油価格の下落などを背景に弱めな数字になるとの予測が多く、マイナス圏突入の可能性まで囁かれています。弱い結果となると利上げ観測を後退させポンドの上値圧迫材料として意識されると考えられます。

米国時間は今週のメインイベントとも考えられる米国小売売上高の発表が予定されています。寒波やストライキなどの反動、また3月の自動車販売台数が良好な結果となっていることなどから強い結果への期待が高まっています。そのため、もし、冴えない結果となった場合は市場の失望も大きくなると想定されますので弱い結果となった場合のインパクトには警戒が必要です。

また、金融機関の決算発表も株価を通じて相場全体のリスク地合いを揺さぶる可能性もあるため、発表後の株価の動向にも注意が必要です。

【本日の予定】

国際通貨基金(IMF)世界経済見通し発表
10:30 豪3月NAB企業景況感
12:45 日5年国債入札
17:30 英3月消費者物価指数・生産者物価指数・小売物価指数
18:00 ユーロ圏2月鉱工業生産
20:00 JPモルガン・チェース決算発表
21:00 ウェルズ・ファーゴ決算発表
21:00 コチャラコタ米ミネアポリス連銀総裁(投票権なし)コメント機会
21:30 米3月小売売上高
21:30 米3月生産者物価指数
23:00 米2月企業在庫

OANDA Japan   オアンダ ジャパン<本記事ご協力>
OANDA Japan株式会社
チーフストラテジスト 佐藤甲様
佐藤甲|OANDAJapan チーフストラテジスト

佐藤 甲

OANDAJapan㈱チーフストラテジスト。 NY時間を中心にディーリング業務を担当し、2012年より現職。ファンダメンタル、テクニカル、時にはシックスセンスを駆使し相場を斬る。夢と希望と情熱あふれる熱血相場師!風貌はラテン系だが、異性には奥手。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト