マーケット

米国GDPに注目

【著者】

昨晩の概況

昨日はドルの強さは残ったものの、調整も多少入る神経質な展開となりました。欧州時間に発表された英国のGDPが市場予想を下回ったことを受けてポンドが急落する動きとなった後は、弱い円とポンドにサポートされ、またギリシャ問題の改善への期待もあるユーロは買い戻しが入り、比較的底堅い推移となっています。

底堅い推移を続けたドル円も麻生外務相の「ここ数日の円相場の値動きは荒い」とのコメントが嫌気されたことなどもあり、NY時間には反落する動きとなっています。

先ほど発表された本邦の消費者物価指数は概ね市場予想を上回り、日銀の追加緩和観測を後押しする材料とはなりませんでした。市場の反応は冷ややかで日銀の追加緩和を期待する参加者は少ないと考えられます。

主要通貨ペアの推移

ドル円は底堅い推移を続け124.46付近まで上値を伸ばす動きとなったものの、利食い売りに押される動きとなりました。米国時間の麻生財務相の「最近の円相場の値動きは荒い」とのコメントも意識されたらしいです。

引き続き底堅さは残ると考えられるものの、上昇が続き、達成感も出てきており、また、本日GDPの改定値の発表が予定されていることもあるため、短期的な調整には警戒が必要です。一昨日のNY時間からサポートとなっている123.50付近を割り込むような動きとなると調整がもう一段進む可能性もあるため警戒が必要です。

ドル円

ユーロドルは上値の重さも残るものの、ジリジリと上値を追う動きとなっています。レジスタンス候補として意識されるのは節目の1.1、1.105付近と考えられ、それぞれを突破したところにはストップ買いがそれなりに溜まっていることが想定されるので接近した際には注意が必要です。

ユーロドル

ユーロ円は堅調地合いを維持し、136円台に迫る動きとなっています。
本日は昨日の欧州時間からのレンジである135.20-136.00付近をどちらに抜けてくるかで方向感を探っていきたいところです。しっかりと136円台に、乗せることができれば上昇余地が広がると考えられます。

ユーロ円

ポンドドルはGDPで上方修正が行われなかったことから下落となり、1.53を割り込み1.52台中盤まで押し込まれる動きとなりました。その後はなんとか1.53台を回復する動きとなっているものの、上値の重さは残っている状態となっています。

本日は昨日のNY時間のサポートとなった1.526を守れるかどうか、GDP発表前のサポートとなっていた1.534を突破できるかどうかで方向感を探っていきたいところです。

スクリーンショット-2015-05-29-8.47.57

豪ドルはアジア時間に発表となった設備投資が市場予想を大きく下回ったことから大きく下落後、上値の重い推移が続き、0.76台前半まで押し込まれる動きとなっています。本日は昨日のサポートとなった0.7618付近を守れるかどうか、欧州時間以降のレジスタンスとなっている0.766付近を突破できるかどうかで方向感を探っていきたいところです。

豪ドル

本日の注目材料

本日は米国時間に発表されるGDP改定値に注目が集まります。貿易収支の悪化から下方修正が見込まれるものの、ある程度は市場も織り込んでいることから市場予想程度の下方修正であればインパクトは限定的になると考えられます。また、先日のサンフランシスコ連銀のレポートにより、季節調整値に疑問があり、数字自体があまり信用できないということも意識されるかもしれません。

ただし発表直後は、強弱でそれなりに大きく動く可能性もあるため警戒が必要です。また、その後に発表されるシカゴPMIなどの経済指標にも注目が集まります。最新の米国の景況感を探る上でも重要な経済指標となるため、この数字が強いとドル買いが再燃する可能性も考えられます。

【本日の注目材料】

07:45 NZ4月住宅建設許可
08:05 英5月GfK消費者信頼感
08:30 日4月全国消費者物価指数
08:30 日4月失業率
08:50 日4月鉱工業生産(速報値)
10:00 NZ5月ANZ企業信頼感 
14:45 スイス13月期GDP
17:00 伊13月期GDP(確報値)
18:00 ギリシャ13月期GDP(確報値)
21:30 米13月期GDP(改定値)
21:30 加13月期GDP
21:30 加3月GDP 
22:45 米5月シカゴ購買部協会景気指数
23:00 米5月ミシガン大学消費者信頼感指数(確報値)

OANDA Japan   オアンダ ジャパン<本記事ご協力>
OANDA Japan株式会社
チーフストラテジスト 佐藤甲様
佐藤甲|OANDAJapan チーフストラテジスト

佐藤 甲

OANDAJapan㈱チーフストラテジスト。 NY時間を中心にディーリング業務を担当し、2012年より現職。ファンダメンタル、テクニカル、時にはシックスセンスを駆使し相場を斬る。夢と希望と情熱あふれる熱血相場師!風貌はラテン系だが、異性には奥手。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト