豪ドル 10/24

豪ドルチャート分析

中国経済の先行き不透明感とリスク回避による豪ドル売りは一服。

aud
データ:ジェネシス社 豪ドル通貨先物、POIV、COTレポート

米ドルで豪ドルは10月に入り、横ばい状態が続いている。10月第2週に記録された取引レンジがレジスタンス0.8858とサポート0.8610になっている。COTレポートからコマーシャルズは豪ドル買いヘッジをかなり膨らませている。昨年も同様の動きがチャート上から確認できるが、約2ヶ月間、レンジ相場が続いていた。今回も同じように2ヶ月間、動きがないか定かではない。

しかし、いずれの場合も豪ドルはレンジを上に抜けている。これまで、先物市場の取組高を調べてみると、横ばい状態の中、取組高が増加すると、その商品価格は上昇に転じている。セットアップは豪ドル買いに整っているが、まだ、トリガーされていない。
トリガーポイントはレジスタンス0.8858より少し上にあるようだ。

みんなの米国株
成田博之 | SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者

成田 博之

ノースカロライナ大学ウィルミントン校卒業 シンガポールの銀行で約10年間、金融商品のディーリングをした後、日経 225先物・為替を中心に自己資本を運用するプライベート・トレーダーとしてオーストラリアに移住 ヘッジファンドの運用にも携わり、帰国後はFX業者でディーリング部長やコンサルティング業務に従事。 ウエストビレッジインベストメントに企画・開発部門担当として参加。SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者