同じオセアニア通貨でも、豪ドル<NZドル

【著者】

4月10日に日経平均は20,000円を回復したが、その滞空時間はかなり短いものでした。それに比べ本日は力強さを感じ、20,100円台へ。朝方発表された本邦貿易収支が予想を大きく上回る黒字に転換、本来であれば円買い材料となるところですが、日銀による追加緩和観測が根強いこともあって、ドル/円はそれほど大きな値動きになっていません。

豪ドルの買いは一時的?!

さて、本日は注目の豪消費者物価が発表されました。RBAがインフレのターゲットとするバンドの下限(2%)を前回下回ったことで、追加緩和観測が燻っており、注目されていたわけです。気になる結果は、市場予想通りの前年比1.3%。発表後、豪ドルは買い優勢となっていますが、スティーブンスRBA総裁は相変わらず通貨高牽制を行っており、一段の豪ドル買いにはつながらないのでは?と言うのが私の見立てです。

同じオセアニア通貨ではNZドル/円の方が21日ボリンジャーバンドの+2シグマにタッチするなど力強さを感じています。移動平均線を見ても13日移動平均線が21日移動平均線を下から抜けるゴールデンクロスになっていることも好感できます。次の上値メドですが、13日移動平均線+2%の92.50円辺りと見ています。

<資料>NZドル/円(日足)13日移動平均線±1%・±2%
NZドル円
出所:Bloomberg

「全国セミナープロジェクト2015」名古屋セミナー(5/9)
http://www.m2j.co.jp/seminar/seminardetail.php?semi_seq=2471
※当社の開催するセミナーには外国為替証拠金取引『M2JFX』の受託および勧誘を目的とする内容が含まれます。

当社提供番組(ラジオ)
ラジオ日経 「ザ・マネー~西山孝四郎のFXマーケットスクウェア」(毎週金15:10~16:00)

http://market.radionikkei.jp/fxms/

マネースクウェア・ジャパン 市場調査部 チーフアナリスト|津田隆光様ご寄稿記事
bn_350_80

比嘉 洋|マネースクウェアジャパン シニアコンサルタント

常に個人投資家の皆さんとともに! 比嘉 洋

米金利の裁定取引に長く従事。 相場の読みには定評があり、人気ストラテジストとして活躍中!