豪ドル崩れる

【著者】

外国為替マーケット情報|2014/09/12

昨日は前日同様円、豪ドルの弱さが目立つ一日となりました。アジア時間に発表された豪雇用統計は市場予想を大きく上回り豪ドル買いが強まる場面もありますが長続きせず反落となり、発表前の水準を割り込み投げ売りを誘発し下落幅を広げる展開となりました。円は引き続き日銀の追加緩和、GPIFへの期待などもあり弱い推移が続いています。
また、昨夜、黒田総裁がテレビ出演し、追加緩和の手段が限定的ではない旨を述べるとドル円は上昇、その後、現状では追加緩和の必要はない旨のコメントが出て反落と不安定な動きとなる場面が見られました。材料的には目新しい材料ではないのですが、日銀総裁のコメントに注目が集まっていることが実感でき、追加緩和への関心度の高いことが確認されました。
昨日発表された米国の新規失業保険申請件数は若干上昇となりましたが大崩れには至らず、相場への影響は限定的なものに留まっています。他市場では米国株式市場は上値の重さが残る一方、米国債利回りは上昇を続けドル高をサポートする材料となっています。

スクリーンショット-2014-09-12-9.42.14

【主要通貨ペアの推移】

ドル円は底堅い推移をキープしています。サポートとなっているのは106.60付近のラインで割り込むと崩れる可能性もあるため注意したいところです。レジスタンスとなっているのは107.20付近で上抜けると更なる上昇余地も生まれると考えられますが、買いポジションが溜まっていること、週末のポジション調整なども考えると上値が重くなる可能性も考えられます。
スクリーンショット-2014-09-12-9.24.45

ユーロドルは引き続き下げ渋り狭いレンジ内の推移となっています。しばらく売られる状況が続き売りポジションが溜まっていた調整も入り力を貯めている状況と考えられていることから、直近でレジスタンスとなっている1.296付近、下は1.29付近のどちらを抜けてくるかをまずはしっかりと見極めたいところです。

スクリーンショット-2014-09-12-9.25.25

ユーロ円は138円台でしっかりとした推移となっています。現在レジスタンスとなっているのは138.50付近で上抜けると更なる上昇余地が生まれてくると思われます。日足チャートでもしっかりと138円台に乗せての推移となっており次のターゲットは139.00と予想されます。

スクリーンショット-2014-09-12-9.25.12

ポンドは反発が続き1.62台でしっかりとした推移となりましたが1.62台後半では上値の重さが目立つ動きとなっています。9月1日からの下落に対して38.2%付近である1.6277付近で上値を抑えられています。本日はこのラインを上抜け1.63台を回復できるかどうか、また、昨日のNY時間のサポートとなった1.621付近を守れるかどうかで方向感を探っていきたいところです。

スクリーンショット-2014-09-12-9.25.37

豪ドルはポジティブサプライズとなった豪雇用統計を受けてアジア時間に上値を追うものの失速、発表前水準まで下値を切り下げると買いで入った参加者の投げ売りもあり下落幅を広げ現在は0.91を割り込むところまで下値を探る動きとなりました。日足のテクニカルが示唆した通り0.9割れを目指して下落圧力が強まっています。
また、週末に中国の経済指標の発表が予定されていることから、持ち越す際は注意が必要です。

スクリーンショット-2014-09-12-9.26.16

【本日の注目材料】
本日はアジア時間に安倍首相、黒田総裁の講演が予定されていることからドル円中心に動きが出る可能性があり講演前後は注意が必要です。ここのところ、日経買い、円売りのジャパントレードが再開していると考えられ、日銀の追加緩和への期待が徐々に高まっており、昨日の黒田総裁のテレビ出演時からも確認できるとおり、両名のコメントへの注目度は増していると考えられます。
欧州時間はドイツ連銀総裁のコメントにも注意したいです。量的緩和に関してのドイツ連銀が積極性を見せるようであればユーロがさらに売られる可能性も考えられます。
米国時間には今週のメインイベントとも言える米国小売売上の発表が予定されています。新学期セールへの期待、好調な既存店売り上げ、自動車販売から良好な結果が予想されることから、弱かったときの失望には注意したいところです。

【本日の予定】

ユーロ圏財務相会合
07:30 NZ8月企業景況感(PMI)
13:30 日7月鉱工業生産(確報値)
13:30 安倍首相講演
15:05 黒田日銀総裁講演
17:00 ワイトマン独連銀総裁講演
18:00 ユーロ圏7月鉱工業生産
21:30 米8月小売売上高
21:30 米8月輸入物価指数
22:55 米9月ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)
23:00 米7月企業在庫

9月13日(土)
EU財務相非公式会合
14:30 中国8月小売売上高・鉱工業生産・固定資産投資

OANDA Japan   オアンダ ジャパン<本記事ご協力>
OANDA Japan株式会社
チーフストラテジスト 佐藤甲様
佐藤甲|OANDAJapan チーフストラテジスト

【闘魂注入】シュラスコ佐藤の大胆予想! 佐藤 甲

OANDAJapan㈱チーフストラテジスト。 NY時間を中心にディーリング業務を担当し、2012年より現職。ファンダメンタル、テクニカル、時にはシックスセンスを駆使し相場を斬る。夢と希望と情熱あふれる熱血相場師!風貌はラテン系だが、異性には奥手。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト