マーケット

今日は豪ドル円は様子見。ドル円・ユーロドル・その他クロス円は押し目買い

【著者】

4月26日の概況

おはようございます。今日の朝のお散歩はちょっと寝坊して5時15分。でもおとなしく待ってました。生きた目覚まし時計のリリーはもし私が目覚ましをかけ忘れたとしても、6時過ぎには起こしてくれるでしょう!

さて、昨晩、浅目の戻り売りを置いたドル円(110.980、111.080)は 午後9時過ぎの111.165で成立した後、一旦110.90割れを見逃し、111.10手前まで戻した後再び午後10時半にかけて110.864まで緩みましたが、上がりそうな予感満載で新橋の路上で110.899で買い戻して速報に入れられないから、ツイッターに22:22に記載しました。

その後順調にショートカバー。111.474まで上がり放置していたら111.350のストップ成立でした!
これは良かったこと。悪かったことは1.13400で置いたユーロドル売り指値が高値1.13396で成立せず、そのまま1.12798まで下落したこと。利食いは1.12550で深く指していたけど、あと0.4ピップス・・・ドル円の幸運感よりもユーロドルの不運感の方が大きくこれは悔しい。
まあ、22:59にジンクスでキャンセルしました。

市場は何かしらの日銀金融緩和をほぼ100%ぐらい織り込んでいるんじゃないかと思うぐらい、ドル買いというか、円売り。
下がっていた時に買っていたドル円のロングは利食いが入って減少気味。
もう一回押し目でロングを構築したい向きも、充分な水準まで下がらないため、それほど積極的に買っていない状態か?一方ショートでしこっている向きはFOMC、日銀金融政策決定会合前にショートを切りたい、整理したいと考えるため、110円台前半で待っていた連中がビッドアップしてきそう。
さて本当にどんな金融緩和をBOJは発表するんでしょう?

期待先行で裏切られた(勝手に期待してるだけだが)場合にはドル売りとなりますが、下げたところでは実需の買いやオプション見合いの買い戻し(ドルプット購入者)ならびに ショートの買い戻しで107-108円には戻れないのではないかと思います。これだけ期待すればETF増額ぐらいは少なくともやるでしょうが、Bank of Joke にならないことを(何もしない・・・現状維持)強く希望します。
さて、日経平均先物が17475(+122)だし、いきなり110円台を深掘りする売りが入るとも思えないので、111.10にかけて押し目を打診買い。本来は110円台を買いから入りたい。利食いは111.70で。

9月末まで5か月、-55.7銭ディスカウントだから10銭銀行マージン取られる輸出が9月末渡しで111円の売りを作りたい場合 111.000+0.557+0.100=111.657のスポットレートが必要。

6月末は同様に 111.000+0.238+0.100=111.338のスポットレートが必要。6月末はかなり押さえていると思うけど、111.70から112.00にかけてはもっと銀行マージンが高い企業も 出来上がり111.00が押さえられるから、売り意欲は増すはず。これが112円台なら同様に112.30と112.70が引っかかるし、112.50は50銭刻みの抵抗で止まりやすいポイント。

うん?111.21台まで下げてきた?111.352高値から下がって来ているのは実需の売りも関係あるかもですね。110.95で指値買い入れておきましょう。111.05で打診買いします。
ストップは110.650、利食いは111.700で。利食い届かない場合にはよしなに。

本日もよろしくお願い申し上げます。

4月27日短期売買戦略

ドル円 買い
ドル円は111.00以下、110.90にかけて押し目買い。指値は110.950に。
利食いは111.70(9月末111円先物売りが作れる水準に。ストップは110.650でイメージします。

レンジ 110.850(111.050)–111.550(111.700) 
作成時 111.215-218 9:02AM

ユーロドル 買い
ユーロドルは1.12750、1.12650で買いから。ストップは1.12400に置きながら、1.13250、1.13350で利食いイメージ。

レンジ 1.123600(1.12750)–(1.13250)1.13350 
作成時 1.13004-008 10:53AM

ユーロ円 買い
ユーロ円は125.350、125.250で買いから。ストップは124.850に置きながら、126.000、126.150で利食いするような回転をイメージしました。

レンジ 125.250(125.350)–(126.000)126.150 
作成時 125.645-650 10:55AM

ポンド 買い
ポンド円は161.550、161.450で買いから。ストップは161.200に置きながら、162.350、162.550で利食いする回転をイメージ。

レンジ 161.450(161.550)–(162.350)162.450 
作成時 162.052-065 11:38AM

対ドルは1.45450、1.45300で買いから。ストップは1.45150に置きながら、1.46200、1.46300で利食い。

レンジ 1.45300(1.45450)–(1.46200)1.46300 
作成時 1.45828-838 11:42AM

豪ドル 様子見
豪ドル円は消費者物価で急落。今日は様子見としたい。

レンジ 85.000(85.100)–(86.350)86.450 
作成時 85.168-176 11:44AM

対ドルは消費者物価で急落。今日は様子見としたい。

レンジ 0.76300(0.76400)–(0.77500)0.77650 
作成時 0.76645-655 11:42AM

ニュージードル 買い
ニュージー円は76.250、76.150で買いから。ストップは75.950に置きながら、76.850、77.000で利食いする回転をイメージ。

レンジ 76.150(76.250)–(76.850)77.000 
作成時 76.545-558 11:40AM

対ドルは0.69100、0.69200で売りから。ストップは0.69350に置きながら、0.68500、0.68400で買い戻す回転。

レンジ 0.68400(0.68500)–(0.69100)0.69200 
作成時 0.68864-881 11:44AM

【PR】小林芳彦が届ける、為になる「マーケットショットLive!!」
新規口座開設はこちら

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役