豪ドル円 2/2

ドル円チャート分析

週明け2日、シドニー株式市場の株価は続伸、約5カ月ぶり高値をつけた。オーストラリア準備銀行(RBA)の利下げを見込んだ買いが入った模様。

audjpy2
データ:eSignal All Ordinaries

週末に中国国家統計局が発表した1月の中国製造業購買担当者景況指数(PMI)は、事前予想に反して約2年半ぶりに景気判断の分かれ目となる50を割り込んだ。そのため、豪経済の一段の鈍化は避けられないとみる向きが増えて、明日、豪政策金利が引き下げられると予測するアナリストも多くなってきている。

audjpy

データ:ジェネシス社 豪ドル円、フィボナッチ

豪ドル円の下降トレンドモメンタムは強く、明日、RBAが政策金利引き下げを発表すると83.80円まで下げる可能性がある。また、80円を割って72.04円まで下げることも否定できない。明日、政策金利が変更されなくても豪ドル売りは強く、戻り売りスタンスに変わりはない。

みんなの米国株
成田博之 | SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者

成田 博之

ノースカロライナ大学ウィルミントン校卒業 シンガポールの銀行で約10年間、金融商品のディーリングをした後、日経 225先物・為替を中心に自己資本を運用するプライベート・トレーダーとしてオーストラリアに移住 ヘッジファンドの運用にも携わり、帰国後はFX業者でディーリング部長やコンサルティング業務に従事。 ウエストビレッジインベストメントに企画・開発部門担当として参加。SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者