矢口 新

独自テクニカルで『相場のタイミングを捉える』 矢口 新

大学卒業後、国内外の大手証券会社にて為替、債券のディーラー、機関投資家セールスを勤めた後、株式会社ディーラーズ・ウェブを創業(2002年5月~2013年5月)。2013年4月まで同社代表取締役社長。

マーケット情報

  • アイルランドに学べ

    内閣府は25日開催された政府の経済財政諮問会議で、国と地方を合わせた基礎的財政収支(プライマリーバランス)の見通しを、2020年度の赤字幅は「経済再生ケース」で前回昨年7月試算5....続きを読む
  • ☆2017年の見通しー6

    【前回記事】原油生産量 2017年の相場見通し 日本株は2016年の大半の期間で低迷したが、年末にかけて年初来高値を更新した。日本株が底堅かったのは、政府の意向による買い支えが...続きを読む
  • ☆2017年の見通しー5

    【前回記事】日欧の金融政策 原油生産量 2016年12月、OPECと非加盟国は、原油価格維持のために協調減産を決めた。 OPECは合わせて日量120万バレル減産し、325...続きを読む
  • ☆2017年の見通しー4

    【前回記事】2017年のイベント 日欧の金融政策 日本に先立ちマイナス金利政策が導入されたユーロ圏では、銀行の存続そのものが危ぶまれている。欧州中銀は米サブプライムショック後に...続きを読む
  • ☆2017年の見通し3

    【前回記事】2016年に起きたこと 2017年のイベント 2016年の金融市場が読み辛かったことは、多くのヘッジファンドなどのパフォーマンスが悪かったことでも明らかだ。2017...続きを読む
  • ☆2017年の見通し2

    【前回記事】☆2017年の見通し:ポピュリズム 2016年に起きたこと 2016年は、それ以前には想定していなかったこと、そして、今後の世界を変えてしまうようなことが起きた。最...続きを読む
  • ☆2017年の見通し

    ポピュリズム 来週、スイスのダボスで、世界経済フォーラムが行われる。昨年までの何年間かの世界経済最大の懸念は「格差問題」だったが、今年は「ポピュリズム(大衆迎合主義)」が中心テー...続きを読む
  • トランプ次期米大統領の米国優先は、米国政治の伝統!

    明けましておめでとうございます。 私は、2017年も激動の年になるのではないかと思っている。 トランプ氏が大統領に就任すると、同氏がかねてから表明しているように、米国優先の...続きを読む
  • ドル円、日本株、2016年の回顧と、2017年の見通し

    2016年の金融市場は内外ともに大変な年だった。一般的には、バブル崩壊やリーマンショックに比べれば大したことがなく、また、実際の値動きにも特筆すべき点はないのだが、長年、相場に携わ...続きを読む
  • 米利上げ

    米連銀は政策金利であるFFレートの誘導目標を0.25%引き上げ、0.50%とした。 7年と1四半期続いている今回の景気拡大局面での利上げは、2015年12月に続いて2度目とな...続きを読む

執筆者一覧

  • ひろぴー

    ひろぴー

    一般サラリーマンとして働く傍ら、ライフスタイルに合わせた必…

  • 津田 隆光|マネースクエア 市場調査部 チーフアナリスト

    津田 隆光

    NTAA認定テクニカルアナリスト(CMTA)。 テクニカル分析をベー…

  • 比嘉 洋|マネースクエア シニアコンサルタント

    比嘉 洋

    米金利の裁定取引に長く従事。 相場の読みには定評があり、人…

  • 高野やすのり|FXプライムbyGMO

    高野 やすのり

    慶應義塾大学商学部卒 チェース・マンハッタン、スイス・ユニ…

  • 小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

    小林 芳彦

    慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ…

  • 高野由美子

    高野 由美子

    チェース・マンハッタン銀行(現JPモルガン・チェース銀行)の…