難平(ナンピン)

【著者】

難平とは、株式投資や為替取引などの売買手法のひとつで、損失を抱えた建玉(ポジション)の平均買いコストを下げる為に、新たに買い建てを行うことをいいます。

ナン(難=損)を(平)均することから、難平(ナンピン)といいます。

ナンピン

例えば、ドル円を120円で買った後に118円まで価格が下落したとします。

このポジション(ドル円120円買い)がプラスになるには、ドル円が120円まで上昇しなければなりません。

しかし、118円で同じだけのドル買いを行えば、価格が119円まで戻れば損益はプラスマイナスゼロとなります。

平均取得価格を低くすることで、その後の上げ幅があまりなくても、利益が出やすくなります。
もちろん、価格が下がれば損失は倍増してしまい大きな痛手を伴います。

買いの場合はナンピン買いといいますが、空売りを行っている場合はナンピン売りといいます。

ナンピンは初心者投資家にはタイミングが難しいため、ある程度相場を理解できており、適切なタイミングでナンピンを行えるベテラントレーダーの投資手法といえそうです。