バイナリーオプション

【著者】

バイナリーオプションとは、主にFXにおいて価格が上がるか下がるかを当てる金融派生商品のことをいいます。

金融派生商品とは、「金融商品のひとつ」です。金融商品というと、イメージはしずらいですが、ようはお金を払ってオプション(=商品)を買うことになります

加えて説明すると、FXや日経先物もデリバティブ取引なのです。これらの取引は、レバレッジを効かせて取引することで多大な利益をあげることができる反面、大きな損失を被ってしまうこともあります。

しかし、バイナリーオプションを取引する際は、このような難しい知識はひとつも必要ありません。あくまで、「デリバティブ取引のひとつ」と頭にいれておきましょう。

さて、次からはそんなバイナリーオプションはどういう取引なのかを実際に説明したいと思います!

上か下を当てるだけのシンプルな取引

FXの場合だと、「何万通貨買って、利益確定はどうして、損切りはどうするのか」など、色々考えなければいけませんが、バイナリーオプションの取引はいたってシンプルです。それは、

「ある時点で価格が上がる(円安)のか、下がる(円高)のか当てる」だけです


①20時の時点でドル円が100円だったとする
②21時に100円以上になると予想して上のチケットを購入
③21時になった時点で、見事100円以上であれば報酬ゲット

報酬は場合によって異なりますが、購入した時に決められた倍率に基づいて支払われます。

例②
①1000円分チケットを買ってその時の倍率が2倍だったとする
②もし予想があたれば、1000円の2倍で2000円が支払われる

また、バイナリーオプションのチケットは最低50円程度と少額で始められるのも魅力のひとつです。FX会社によっては1枚1000円未満のチケットを購入できるところもあります。
また、報酬に関しても基本は倍率によって支払われますが、確率変動制であったり、様々な戦略にでバイナリーオプションを購入できるところもあります。

GMOクリック証券さんの例
GMOクリック証券   外為オプション バイナリーオプション 取引の特長   外為オプション   サービスガイド2
(出所:GMOクリック証券

ラダーオプションとレンジオプション

次は、バイナリーオプションの基本的な2つの取引タイプの説明をします。

オプションには大きく分けてラダーオプションレンジオプション2つの種類があります。

ラダーオプションとは、価格が上がるか下がるか当てるオプションになります。
レンジオプションとは、予想したレンジに入るか入らないかを当てるオプションです。

バイナリーオプションならYJFX のオプトレ! YJFX  関東財務局長(金商 第271号

バイナリーオプションのメリット

バイナリーのメリットは、購入した時点で最大①損失と利益が決まっているので、初心者でもリスクコントロールしやすいことです。

そもそも購入金額と支払われる金額が決まっているために、初心者の方でも簡単にリスクが計算できるところです。FXのように、損切りできずに口座の資金が全部なくなってしまう心配もありません。

②相場が動かない時でも、収益をあげることができる

FXの場合だと通貨ペアが動かないと収益をあげることができません。場合によっては、1円(=100pips)すら動かない時もしばしばあります。そういったいわゆるレンジ相場でもバイナリー取引を活用すれば、多大な収益をあげることができます。

ドル円 5分足 2016/05/02
高機能チャート   みんなの外為(FX)バイナリー2

上のチャートは、4時間に渡り、わずか50pipsしか動かないチャートになります。FXのトレードをした方は「買ったと思ったら下がり、売ったと思ったら上がる」という経験は1度はしているだろうと思います。このような方向感が定まらないレンジ相場はあまりトレード妙味がありませんが、バイナリーオプションであれば、しっかりと収益をあげることができます。

ここでは、ロングかショートにしても、せいぜい50pipsしか収益をあげることはできませんが、バイナリーオプションでレンジだと決め込んでオプションを買えば資金を2倍に増やすことができるかもしれないのです。


①動きが定まらずレンジ相場だと判断したら上か下かどちらかのオプションを買ってみる
②その際はなるべく動くほうの確率が高いオプションを買う(もしかしたら、円安方向にいくかもしれないと思ったら上のチケットをかってみるなど)

余談ですが、為替のオプションは実際にプロのディーラーも活用します。このように動かない相場の時はダブル・ノータッチオプションなどが組まれ、オプション価格に近づくと、売買が活発になったりします。

③短期間で莫大な利益をあげることができる

例えば、1番始めに1万円しかなかったとして5連勝するとしたとします。すると、資金は2倍づつ増えていくので、1万円→2万円→4万円→8万→16万円と増えていく計算になります。

リスクと注意点

価格が上がるか下がるかを予想するだけだと、簡単そうに聞こえますが、決していつでも儲けられるわけではありません。例えば、ギャンブルだと思って、全財産の100万円分チケットを買ったとします。しかし、それでもし予想が外れてしまった場合、当たり前ですが100万円を短時間で失うことになります。

あるいは、上で説明したように、資金を順調に2倍に増やしていけても、取引ごとに全財産をつぎ込んでいたら、1回の負けで全額失ってしまうことになります。

あくまで、バイナリーオプションも投資のひとつなので、その時の相場を良く考えて戦略的に売買するのが基本です。

ただ、上か下を当てるだけではなくて、その時の相場状況を把握してリスク管理と戦略的なトレードを心掛ける

バイナリーオプションの取引詳細・まとめ

では、実際に取引をするとしたらどうなるのでしょうか。以下が簡単なまとめになります。

バイナリー取引まとめ
①オプションの種類・・・ラダーオプションとレンジオプションの2種類がある
②取引回数・・・証券会社によって異なるが、2~3時間のあいだで1日~10回程度まで
③注文額・・・約90円~900円程度
④取引通貨ペア・・・ドル円、ユーロドル、ユーロ円など主要通貨5~種類程度

1口90円から始められることもあり、FXと比べてみても気軽に始められる面があります。

バイナリーオプションの取引ができるFX会社

GMOクリック証券 ・ヒロセ通商 ・YJFX!

clicksec_468x60