BOEスーパーサーズデー、FOMCメンバーのコメントに注目

【著者】

昨日からの流れ

昨日のNY時間は材料の薄いなか、原油在庫が市場予想を下回る結果となったことで原油価格は上昇、株式市場は利益確定売りに押されるような動きとなりました。為替市場ではドルが弱めな動きとなったほか、原油価格の上昇を受けて資源国通貨が比較的底堅い推移となっています。

主要通貨ペアの推移(2016/5/12)

USDJPY

ドル円(USD/JPY)は上値の重い推移となり、108円台中盤まで押し込まれる動きとなりました。現状では短期的に上昇が続いていたこともあり、短期の上昇トレンドの中の調整の範囲内の動きとなっていますが、108円付近を割り込むような動きとなった場合には短期の上昇トレンドが終わり、再度下値を探る動きが活発化するというシナリオも想定できるため、下値を探り出した際は注意が必要です。

ドル円

EURUSD

ユーロドル(EUR/USD)は下げ渋る動きとなり、反発に転じ、1.14台を回復する動きとなりました。3月からの安値を結んだトレンドラインに接近したところで折り返す動きとなっているため、引き続き底堅い推移への期待が高まります。本日は昨日のNY時間のサポートとなった1.142付近、破られた場合には今週のサポートとなっている1.136付近までで踏ん張れるかどうかに注目したいところです。1.136付近を破られる動きとなると上記トレンドラインも破るような動きとなるため、下落が勢い付く可能性も挙げられるため注意が必要です。

ユーロドル

EURJPY

ユーロ円(EUR/JPY)は上値が詰まる動きとなり、前日の高値である124.45付近を超えることができず、123円台まで押し戻される動きとなりました。昨日のサポートとなった123.60付近を守れるかどうかに注目したいところです。時間足チャートなどで見るとこの水準をネックラインとしたダブルトップのような形となっているため、しっかりと割り込むと下落基調が強まる可能性が挙げられます。

ユーロ円

GBPUSD

ポンドドルは方向感を欠く動きとなっています。本日にBOEの金融政策委員会(MPC)の発表を控えていることも動きにくくなっている要因の一つと考えられます。日足チャートを見ると下落も一段落し、反発に転じそうな気配は出てきているものの、揉み合いが続いているため、もう少し様子を見たいところです。

本日のMPCは金融政策、議事録の公表に加え、四半期インフレレポートの発表も重なるスーパーサーズデーとなるため、発表後はそれなりにインパクトは大きくなることが想定されます。発表前後の動きには注意が必要です。

ポンドドル

AUDUSD

豪ドルは下げ渋る動きが続き0.74に迫る動きとなりましたが、0.74にしっかりと乗せる事は出来ず、伸び悩む動きとなりました。本日はこの0.74をしっかりと上抜けることができるかどうか、今週序盤のサポートとなった0.73を守れるかどうかで方向感が出てくると考えられるため、どちらに抜けるかに注目したいところです。

豪ドル

本日の注目材料

本日は欧州時間にBOEの金融政策委員会の発表が予定されています。英国のEU離脱懸念が強まって以来、市場のBOEの金融政策への関心はやや薄れていますが、今回の会合では金融政策、議事録のみならず四半期インフレレポートの発表も併せて行われるスーパーサーズデーとなるため、その後のカーニー総裁の会見も併せて注目度は高く、発表前後はポンドを中心に不安定な動きとなることが想定されるため、注意が必要です。

昨今では英国のEU離脱懸念の影響もあり、英国の経済指標も冴えないものが増えていることもあり、経済見通しやインフレ見通しが悪化するようであれば、ポンド売りで反応となりそうです。

米国時間は輸入物価指数新規失業保険申請件数などの経済指標の発表が予定されているほか、FOMCの投票権を持った連銀総裁のコメント機会が多く予定されています。6月のFOMCでの利上げ期待を高めるようなコメントが出てくると多少ドルの下支え材料になるかもしれません。

本日の予定

07:30 NZ4月企業景況感(PMI)
08:00 エディRBA総裁補佐講演
08:01 英4月RICS住宅価格 
08:50 日3月国際収支
08:50 日銀・金融政策決定会合「主な意見」公表(4月2728日開催分)
08:50 日対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベース)
14:00 日4月景気ウォッチャー調査
17:00 メルケル独首相、ユンケル欧州委員長講演
18:00 ユーロ圏3月鉱工業生産 
20:00 BOE金融政策委員会(MPC)金融政策発表資産購入、議事録、四半期インフレ報告公表
20:30 カーニーBOE総裁会見
21:30 米4月輸入物価指数 
21:30 米新規失業保険申請件数 
21:30 加3月新築住宅価格指数 
翌0:00 メスター米クリーブランド連銀総裁(投票権あり)講演
翌0:45 ローゼングレン米ボストン連銀総裁(投票権あり)講演
翌2:00 米30年債入札(150億ドル)
翌3:15 ジョージ米カンザスシティ連銀総裁(投票権あり)講演

OANDA Japan   オアンダ ジャパン<本記事ご協力>
OANDA Japan株式会社
チーフストラテジスト 佐藤甲様
佐藤甲|OANDAJapan チーフストラテジスト

佐藤 甲

OANDAJapan㈱チーフストラテジスト。 NY時間を中心にディーリング業務を担当し、2012年より現職。ファンダメンタル、テクニカル、時にはシックスセンスを駆使し相場を斬る。夢と希望と情熱あふれる熱血相場師!風貌はラテン系だが、異性には奥手。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト