マーケット

英米休み明け

【著者】

外国為替マーケット情報|2014/05/27

昨日は英国、米国の2大市場が休場ということで欧州時間以降は動意の乏しい展開となったものの週末のウクライナの大統領選、欧州議会の選挙が混乱もなく市場の想定の範囲内に収まったことから欧州株式市場は堅調な地合いが続き、独DAXは史上最高値を更新となりました。
また、一部で注目を集めているECBフォーラムにおいて、コンスタンシオECB副総裁が、ECBフォーラムではマイナス預金金利について議論をしないであろうとコメントしたことなどが報じられたことから上値の重かったユーロが買われる動きとなりました。ドラギ総裁からは低インフレの長期化やインフレ期待の鈍化があれば量的緩和も必要となる旨のコメントがありましたが、目新しいものではなかったことから相場への反応は限定的なものとなっています。

【主要通貨の動き】

ドル円は狭いレンジ内での推移となっています。102円台を回復する場面もみられましたが、滞在時間は短く、102円台奪還は未遂に終わっています。本日からは英国、米国勢が復帰することから、仕切りなおしての今週スタートとなりそうです。昨日の欧州株式市場の動きを見ているとリスクオン地合いも強く、流れが続けば102円台の回復というシナリオはそれほど過酷な試練ではないと思われますが、102円台中盤では今年に入り幾度と上値を叩かれていることから、すんなりと抜けるのは難しいと予想されます。下は101円台前半から100.75にかけての防戦ラインの強さを確認したところなので下値を探るには更なる材料が必要にも考えられ、ドル円の狭いレンジの推移が続く可能性が高いと思われます。

usdjpy0526

ユーロは昨日のコンスタンシオECB副総裁のコメントなどがきっかけとなり反発となっています。ECB理事会が近づくにつれ要人のコメントなどに左右されるシーンが多くみられるかもしれません。おそらく短期の市場参加者は売りで構えている人が多いと推測されることから、ECBの追加緩和に対しての否定材料が見つかると短期的に強めの反発となるなることが予想されるため注意が必要です。
本日は下は昨日のサポートとなった1.3613、節目の1.36を守れるかどうか、上は先週2回上値を抑えている1.369を抜けて1.37台を回復できるかどうかに注目したいところです。

eurusd0526

ユーロ円はユーロドルに併せて上昇となり139円台を回復となりました。次の上値の目途は5月中旬からレジスタンスとなっている139.40-50のゾーンでこのゾーンを上抜けるともう一段上昇し140円台トライの可能性が高まると思われます。下で意識されるのは先週のサポートである138.15近辺で割り込むと136円台を視野に入れた下落圧力が加わると思われます。

eurjpy0526

ポンドは英国、米国が休日ということもあり保合いの中で小さなレンジ内での推移となりました。保合いをどちらかに抜けるまでは方向感の薄い展開が続くことが予想されます。

gbpusd05261

豪ドルも鈍い動きながら小反発となり0.92割れは未遂に終わりましたが、依然として下落後の戻り高値である0.9275を上抜けるには至っていません。この0.9275を上抜けるとダブルボトムのネックライン抜けのような状態となることから上昇圧力が増すとと予想されます。

audusd0526

【本日の注目材料】

本日から英国、米国勢が戻ってくることから、欧州時間序盤から昨日からの流れがガラッと変わる可能性もあるため欧州序盤には注意が必要です。米国時間に耐久財受注、S&P住宅価格指数、サービス業PMI、消費者信頼感指数等、経済指標が続きます。耐久財受注は前回強かったことやISM製造業景況指数の新規受注の指数が前回から横ばいであったことから少し不安が残ります。消費者信頼感指数は先行するミシガン大消費者信頼感指数が前月よりも低下となっていることから控えめな予想となっています。そのため、それらの指標が市場予想よりも強い結果となると先週末の新築住宅販売件数の回復と併せて、ここのところ強まっている米国経済回復鈍化への懸念が和らぐと思われます。
また、引き続きECBフォーラムが開催されていることからECB要人のコメントにも注意が必要です。

【本日の予定】

EU首脳会議、ECBフォーラム
12:45 日40年国債入札
15:45 仏5月消費者信頼感指数
17:00 ダイセルブルーム・ユーログループ議長、ショイブレ独財務相講演
17:00 プラートECB理事コメント機会
18:15 ノボトニー・オーストリー中銀総裁会見
21:30 米4月耐久財受注
22:00 米3月住宅価格指数
22:00 米3月S&P/ケースシラー住宅価格指数
22:30 ドラギECB総裁コメント機会
22:45 米5月マークイット総合・サービス業PMI(速報値)
23:00 米5月消費者信頼感指数
23:00 米5月リッチモンド連銀製造業指数
23:30 米5月ダラス連銀製造業活動指数
翌2:00 米2年債入札
翌3:00 カーニーBOE総裁講演

OANDA Japan   オアンダ ジャパン<本記事ご協力>
OANDA Japan株式会社
チーフストラテジスト 佐藤甲様
佐藤甲|OANDAJapan チーフストラテジスト

佐藤 甲

OANDAJapan㈱チーフストラテジスト。 NY時間を中心にディーリング業務を担当し、2012年より現職。ファンダメンタル、テクニカル、時にはシックスセンスを駆使し相場を斬る。夢と希望と情熱あふれる熱血相場師!風貌はラテン系だが、異性には奥手。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト