マーケット

カナダドルと原油

【著者】

can_20151005データ:TradeNavigater

先月から、これまでのドル・カナダとNY原油の逆相関が崩れてしまい、カナダドルのボラティリティが高まっている。それだけ、市場参加者は米政策金利の上昇タイミングと今後のNYSEの行方に、敏感になっているようだ。

FRBは、以前とは違い、他国の状況に目を向けているため、金利政策の変更時期が読みづらくなっている。
多くは、来年の春まで米金利の引き上げはないとみている。

ドル・カナダもレンジ相場が続くとみるべきだろう。

みんなの米国株
成田博之 | SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者

成田 博之

ノースカロライナ大学ウィルミントン校卒業 シンガポールの銀行で約10年間、金融商品のディーリングをした後、日経 225先物・為替を中心に自己資本を運用するプライベート・トレーダーとしてオーストラリアに移住 ヘッジファンドの運用にも携わり、帰国後はFX業者でディーリング部長やコンサルティング業務に従事。 ウエストビレッジインベストメントに企画・開発部門担当として参加。SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者