緊急仮想対談:年初からの株・ドル円相場の急落の原因は?

【著者】

:大変な年明けですね。日本株はほぼすべての識者の2016年の予想レンジの下限を割り込みました。ここまでの下げ幅は予想外ですか?

まだ世界的なカネ余りが続いていることを鑑みれば、全面安は予想外です。もっとも、ボラティリティが高まることは、私だけでなく多くの人が予想していたことだと思います。

:どうして、値動きが激しくなるのでしょう?

私は2016年の相場環境を次のようなものだと理解しています。

1、日欧中国の緩和政策継続は、カネ余り環境が続くことを意味します。これはレバレッジをかけやすいことも意味します。

2、米連銀は巨大なバランスシートの規模こそ維持しますが、2016年は3、4回の利上げを行うと見込まれています。これは、米国のMMFなど、短期金利商品に資金が集まることを示唆します。

3、商品価格がここまで下げれば、生産意欲が鈍り、需要の高まりが見込まれるようになります。カネ余り環境が続くことを鑑みれば、年内に商品相場が底打ちする可能性が高まってきました。

4、地政学的リスクの広がりで、安全資産が好まれるようになります。この時、金利収入が得られる安全資産が最も魅力的になります。米国のMMFです。

5、難民問題は、ユーロ圏諸国の国境を低くし、自由に人とカネの往来を促すというユーロの理念に問題を投げかけました。これまでの、独自の経済政策がないという構造的な問題点と合わせると、ユーロは存続の危機に面していると言えるかも知れません。

6、世界第二位の規模を持つ中国経済の減速懸念、株価の動向、IMFのSDR採用が決まった元の動向は、世界の金融市場を不安定にします。

これは、中国共産党1党独裁による計画経済の行き詰まりから、より積極的に市場経済へ移行すること、つまり、中国が国際金融の世界で独り立ちするための産みの苦しみとも言えるもので、無事に行くことを願うしかありません。

7、中国が国際金融の世界で独り立ちすることは、後戻りできない、避けられないものです。米ドルが安い間は、中国元を事実上ドル連動することで、中国経済は恩恵を受けてきました。しかし、ドルが高くなると中国元も高くなり、このままでは経済が失速してしまいます。1990年代後半のアジア通貨と同じで、元の自由化、国際化を早急に進めないと、通貨危機が訪れる可能性が高いのです。

同じことは新興国市場通貨にも言えて、産油国などのドルペグ離れを加速させる可能性が出てきました。

8、米国のMMFで利回りが得られるようになると、プエルトリコを含む、米国のジャンク債市場やベネズエラなどのハイイールド市場の崩壊が加速します。

9、米大統領選挙も不透明感を高めます。共和党候補が勝つと、イエレン議長が解任されるという噂も出ています。日本でも参院選がありますね。

これだけの不透明感があって、カネ余りという流動性があると、ボラティリティが高まることは避けられないと見ています。

:それにしても、ものすごい値動きですね。

昨年の損失を取り戻したいヘッジファンド連中が、日米の金融政策のまずさに付け込んだ可能性がありますね。

:ヘッジファンドですか?

ヘッジファンドはパワープレーが得意です。大量に売買することで、市場価格を変動させるのです。得意というより、それしかできないような連中さえいます。年初来のこの変動幅は、ヘッジファンドによるものと考えていいと思います。

:日米の金融政策のまずさとは?

米連銀の利上げが遅すぎましたね。米連銀の巨大なバランスシートと、ゼロ金利は、共に空前のオペレーションで、それ程サブプライムショック、リーマンショック後の金融危機を深刻に捉えていたということです。この点は、素晴らしかったと思います。

しかし、その後7年間も緊急事態を想定した、いわば戒厳令下の金融政策を維持したのは間違いです。その間に米経済は一部で新たなバブル入りするまで回復しました。経済成長のサイクルが熟し、バブル環境下で利上げすると、景気減速、バブル崩壊の懸念が出てきます。

ドル高も同じですね。米ドル指数と対主要7通貨での米ドルのチャートを見て分かるのは、ここでの利上げは更なるドル高の危険性を孕むということです。通貨高は企業の競争力を低下させ、景気減速の要因となります。ちなみに、下の4つは現地通貨を中心に見ていますので、右肩下がりがドル高です。

参照チャート:
強いドル

このチャートで、もう1つ分かるのは、ドル高以上に強いのが円だと言うことです。おそらく経常黒字を反映しているのでしょう。中国景気の減速懸念がある時に、この円高では、日本株が不安になりますね。日本の金融政策のまずさとは、本格的な追加緩和の必要性が出ている時に、お茶を濁すようなことをすることです。

これでは、ヘッジファンドが付け込まれますね。

:では、どうすれば良いのでしょう?

ボラティリティが高い時の中長期投資は難しいですが、短期トレードでは絶好の収益機会です。私は、2016年というボラティリティが高い時を機会に、短期トレードに挑戦することをお勧めしています。

相場観を述べるなら、米MMFや、業績見通しの良い株を選別して買うこと、年内に商品相場が底打ちする可能性があることなどですね。

日本株全般では、金融相場が続き、年末までには上げていると見ています。

【みんかぶマガジン】矢口氏のコラム
最新記事:16/12/5「イタリア国民投票の焦点
矢口 新

独自テクニカルで『相場のタイミングを捉える』 矢口 新

大学卒業後、国内外の大手証券会社にて為替、債券のディーラー、機関投資家セールスを勤めた後、株式会社ディーラーズ・ウェブを創業(2002年5月~2013年5月)。2013年4月まで同社代表取締役社長。