FXコラム

今後上昇が見込めそうなチャートを並べてみた

【著者】

いよいよ12月に入り、2016年が終わろうとしています。

株式市場も為替市場も盛り上がる12月にもうひと稼ぎしたい!
そう考えている人が多いのではないでしょうか?

そこで、最近チャートを見ていて大きく上昇し相場通貨ペアが複数ありましたので、ご紹介したいと思います。

ユーロ円1時間チャート

まずは、ユーロ円です。

イタリアの国民投票のショックがあったものの、早々に窓を閉め急騰!

三角保ち合いをブレイクしもう一度、急騰しそうな雰囲気をみせています。

euroyen161206

ポンド円週足チャート

ブレグジット後の戻り高値を突破してきました。
早くても、イギリスのEU離脱は2年後となっており、ポンド安により英国の経済は良くなっています。

190円台から120円台まで売り込まれたポンド円ですが、原油高も後押しし、下落幅の半値戻してある160円台まで上昇してもおかしくない様に思えます。

gbpyen161206

NZドル円週足チャート

約10ヵ月の緩やかな下落チャネルをブレイクし6円の急騰!

ニュージーランドの主要都市の住宅価格が高騰していることから、利下げの余地はもうないのかもしれません。

目先は、2015年の戻り高値である83円前半まで上昇しそうに思えます。

nzdjpy

カナダ円月足チャート

原油が節目である60ドルを突破してきましたので、カナダにも注目が集まります。

月足チャートで見ると、90円は重要な節目。

2012年末からの上昇の再来と考えると、あと10円ほど上昇するかもしれません。

canjpy

南アフリカランド円週足チャート

個人的に大注目しているのが、南アフリカランド円。

一時は5円台もあるのでは。。
と囁かれていたものの、金価格の上昇で堅調に推移。
その後、金が下落してもドル円上昇で弾みがつき、完全に保ち合いをブレイクしてきました。

まずは9円台の回復が期待できそうです。

zarjpy

ユーロドル日足

ECBでの追加緩和期待があるものの、織り込まれている模様。
イタリアショックは早々に通過し、長い下ヒゲを残しています。

eurousd

ポンドドル日足チャート

最後はポンドドルです。
こちらも個人的にかなり期待しています。

やはり、原油高・好景気・緩和の可能性の減退が大きく、ブレグジット後の戻り高値まで上昇してもおかしくなさそうですね。

gbpusd

いかがでしょうか?

どれもまだまだ上昇しそうに思えるのは、私だけかもしれません(ポジショントーク)が、トレードのお役に立てますと幸いです。

筆者のFX口座はヒロセ通商
毎月の食品キャンペーンを楽しみにしています↓↓

児山将|みんなの外為スタッフ

児山将

みんなの外為で記事を書いています。 大学生の時からFXを初めて6年以上。FXの楽しさを伝える為に、みんなの外為を盛り上げていきます。初心者の方でも分かり易く学べるように、難しい専門用語やマーケットの説明、FX業界について記事にしていきます。 みんためのTwitterでもつぶやき中!