FXコラム

一夜にして全米の原油確認埋蔵量が約240億バレルから、約110億バレルに減少

【著者】

FXコラム|2014/05/23

全米最大、米国で現在の技術で採掘可能なシェール原油のほぼ3分の2を占め、137億バレルに達するとなされたカリフォルニア州モンタレー地層の確認埋蔵量が、今週、96%大幅に下方修正され、6億バレルとされた。全米の原油総需要の33日分に相当する。元の試算は採掘業者の資料を鵜呑みにしたためだとされる。

oil

これまでの試算では、カリフォルニア州に280万人の雇用と、246億ドルの税収をもたらすとされたが、11万2000人の雇用と、9億8400万ドルの税収に留まる見通しとなった。

また、一夜にして全米の原油確認埋蔵量が約240億バレルから、約110億バレルに減少することとなった。

参照:U.S. officials cut estimate of recoverable Monterey Shale oil by 96%
http://www.latimes.com/business/la-fi-oil-20140521-story.html

参照:Dream of U.S. energy independence was just revised away
http://www.marketwatch.com/story/dream-of-us-energy-independence-was-just-revised-away-2014-05-22?dist=tbeforebell

今週、ロシアは中国と4000億ドルを超える天然ガス供給の大型契約を結んだ。10年間交渉が続けられていたが、米欧のロシア経済制裁により資金を求めるロシアと、東南アジア各国、日本と対立を深め、背後の安全とエネルギー供給を求める中国との利害が一致した形となった。

ガスプロムと中国国営石油公社は、中国への天然ガス供給に合意、契約に調印した。ロシアは2018年から30年間にわたり毎年380億立方メートルの天然ガスを供給する。総契約額は4000億ドルを下らないとみられる。業界筋によると、ロシアは中国に対し1000立方メートル当たり約350ドルで天然ガスを供給することで合意したもよう。西欧諸国への供給価格は長期契約の下で350─380ドルとなっている。ガスはシベリアのガス田から中国の沿岸部近辺に続く新規パイプラインを通じて供給される。

これで見ると、米国の外交は迷走しているようだ。中ロの結びつきが、米国とその同盟国にプラスになることは少ないかと思う。また、エネルギー価格上昇の要因ともなった。

clicksec_468x60
矢口 新

矢口 新

大学卒業後、国内外の大手証券会社にて為替、債券のディーラー、機関投資家セールスを勤めた後、株式会社ディーラーズ・ウェブを創業(2002年5月~2013年5月)。2013年4月まで同社代表取締役社長。