注目PickUp

チャイナクラッシュ相場到来か!?

【著者】

ものすごい相場ですね!僕はポジションコントロールで四苦八苦!
なんとか昨日までは、た・ぶ・ん、うまくやり切っております、こんにちわ、ひろぴーです。
中国市場の不可解な動きから始まったこの動き。本格的に雪崩を行したのは先週の後半からでした。
そして昨日、ドル円、日経ともに崩壊し、一時は116円前半、日経は17100円をつけるほどまでの下落を見せました。

この記事を書いているときも時差がありますので、この異常なボラティリティです。もしさらにこの後急落があったときはご容赦ください!

この相場で取引をしろ!なんて、かなりリスキーですので、もう少し相場と距離を置いて、投資戦略を考察してみたいと思います。

まずはドル円からです。
IMG_0086

月曜日の一日だけなのに、この週足の長さです。異常な相場であることは一目瞭然でしょう。

MACDも下向きのデッドクロス状態。移動平均50週線も貫通しておりますので安易にロングは入れないようにしたいところです。

ロングする場合は、値ごろ感での勝負になりますので、買いを入れるときはレバ0.2倍~0.3倍ぐらいと、かなり余裕をもってロングされるとよいのではないでしょうか。

今現在止まった116.15円は週足でのフィボナッチ38.2%戻しのラインでした。(チャート上には記載されておりません。)ここは一旦心理的な布石のラインとなる可能性がございます。

ロング目線の方はここの116円をバックにロングを。またショートで勝負される方は120円バックにトレード戦略を考察されると良いと思います。

あっというまに1円2円飛びますので、値幅はございます。
低レバレッジを心掛けて、じっくり待つスタイルで勝負をお奨め致します。

次にユーロドルの週足です。
IMG_0087

こちらは月曜オープン1.1380付近から一気に1.17を付けて急落しました。その値幅320pipsと、こちらも暴走中です。

これだけ中国をはじめとして世界的に株式市場が荒れておりますので、9月に利上げ観測があった米国ですが、完全に遠のき、これがさらに焦げ付くようだと下手したら今年はもう利上げなし!なんてことになると大変です!

この1~2年、米ドルの利上げの思惑で買われてきましたから、完全にその意義を失った米ドルの巻き戻しは尋常じゃないと思います。

特にユーロドルに対しては1.40から1.05まで一直線に落ちてきて、1.10付近でウロウロしておりました。

半値ぐらいまで戻しにいく可能性だって十分ありえますので、安易にショートをせずに短期的におしめを拾ってデイトレぐらいに抑えておくのが得策ではないでしょうか。

ちょっとここ最近、乱暴な相場が続いておりますので、本日は一旦、相場の森を見る視点で執筆させて頂きました。
トレードが過熱気味の方の熱冷ましになれたら良いな~と思います(笑)

ひろぴー

ひろぴーの読むFX
ひろぴー

ひろぴー

一般サラリーマンとして働く傍ら、ライフスタイルに合わせた必要最小限の時間で資産を増やすことについて日夜研究考察を進め、トレード大会で優勝したり、メディア出演も多数あり、その実力は本物。 有名トレーダーの手法を取り入れ、自己流にアレンジするハイブリッド手法を得意とし、ファンダメンタルズもテクニカルも直感も全て磨きをかけているFXマン