マーケット

休み明け、まずは中国貿易収支に注目(2015/10/13)

【著者】

昨日からの流れ

昨日は本邦が体育の日、米国がコロンブスデーということで値動きは限定的でしたが、ドルが弱さを引きずる状態が続き、豪ドルやユーロが対ドルで高値を探る動きとなりました。ユーロドルは1.14に迫るも上値は重く伸び悩む状態となり方向感を探る動きが続いています。

また、堅調な推移が続いていた原油価格が急落したため、カナダドル等の原油価格に敏感な通貨の売りが強まっています。

主要通貨ペアの推移(2015/10/13)

USDJPY

ドル円は120円を挟んだ方向感の薄い推移が続いています。今週は先週後半からのコアレンジである119.70−120.35付近をどちらに抜けるかでまずは方向感を探っていきたいところですが、8月末からのレンジである118.60121.75付近をしっかりと抜けるまでは方向感の薄い推移が続く可能性も十分に考えられます。

ドル円

EURUSD

ユーロドルは底堅い推移となっていしたが、1.14に迫るところでは売りが強まり、伸び悩む動きとなっています。日足チャートでもトウバが出現し、トレンド転換の可能性が出てきているため、調整には少し警戒が必要です。
サポート候補としては先週のレジスタンスとなっていた1.132付近、節目の1.13付近が挙げられます。

ユーロドル

EURJPY

ユーロ円は137円に迫る動きとなりましたが、結局137円を超えることはできず失速する動きとなっています。本日は先週のレジスタンスとなっていた135.70付近までで下げ止まることができるかどうかに注目が集まります。その水準くらいまでで下げ止まることができれば、再度上値を追う動きとなる可能性が残ります。

ユーロ円

GBPUSD

ポンドドルは底堅い推移を続けていましたが、ここにきて方向感の薄い推移が続いています。過去にもこの1.533付近の水準ではサポートやレジスタンスとなっている難所ということもあり、まずは先週後半からのレンジである1.5261.538付近をどちらにしっかりと抜けるかで方向感を探っていきたいところです。
また、本日は欧州時間に英国の消費者物価指数の発表が予定されています。発表前後のポンド相場へ大きなインパクトを与える可能性があるため注意が必要です。

ポンドドル

AUDUSD

豪ドルは底堅い推移を継続し、0.74手前まで上昇する動きとなりました。本日は中国の貿易収支の結果で大きく動く可能性があるため注意が必要です。日足チャートではダブルボトムのネックライン上抜け状態となりましたが、直近で大きく上昇していることや、その前のレジスタンスである0.745付近が迫っていることを考えると、一旦調整が入りそうな状態ということには注意したいところです。

豪ドル

本日の注目材料

本日はアジア時間に中国の貿易収支の発表が予定されています。弱い結果となってしまうと、再び中国景気減速懸念が強まる可能性もあるため警戒が必要です。欧州時間には英国の消費者物価指数の発表が予定されています。先週のMPC議事録でも低インフレが警戒されていたこともあり、注目度は高まっていると考えられ、マイナス圏に陥るようなことがあるとポンド売りが強まることが想定されます。

米国時間は経済指標の発表は予定はなく、イベントはブラード・セントルイス連銀総裁の講演となります。タカ派で知られるブラード総裁の口からは年内利上げに積極的なコメントが出ることが想定され、投票権もないことから、市場に大きなインパクトを与えるとは考えにくいです。可能性はかなり低いですが、彼の口からハト派寄りのコメントが出てくるようであれば、米国の年内利上げ観測が大きく後退し、ドルの上値を圧迫することが想定されます。

本日の予定

時刻未定 中国9月貿易収支
08:50 日銀・金融政策決定会合議事要旨公表(9月1415日開催分)
09:30 豪9月NAB企業景況感 
15:00 独9月消費者物価指数(確報値)
15:30 メルシュECB理事講演
17:30 英9月消費者物価指数・小売物価指数・生産者物価指数
18:00 独10月ZEW景気期待指数 
18:00 ユーロ圏10月ZEW景気期待指数
21:00 ブラード米セントルイス連銀総裁講演
翌5:00 JPモルガン・チェース79月期決算発表

OANDA Japan   オアンダ ジャパン<本記事ご協力>
OANDA Japan株式会社
チーフストラテジスト 佐藤甲様
佐藤甲|OANDAJapan チーフストラテジスト

佐藤 甲

OANDAJapan㈱チーフストラテジスト。 NY時間を中心にディーリング業務を担当し、2012年より現職。ファンダメンタル、テクニカル、時にはシックスセンスを駆使し相場を斬る。夢と希望と情熱あふれる熱血相場師!風貌はラテン系だが、異性には奥手。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト