クリスマス控え流動性低下

金曜日の概況

先週末の米国市場もリスクオン地合いを引き継ぎ株式市場は底堅い推移となりました。為替相場ではNY時間序盤ににドル売りが強まる場面もみられましたが、その後はドルは堅調な推移が続いています。特に先週、スイス国立銀行がマイナス金利を導入を決定したことから量的緩和が強く意識されたユーロが大きく売られ対ドルで1.22台前半まで押し込まれる推移となっています。
年内の大きなイベントを消化し、今週はクリスマス週となるため、先週から徐々に流動性が薄れはじめ、値動きが荒く方向感の掴みにくい状態となっています。今後、年末にかけ、さらに流動性が薄くなり、値の荒い相場は続くと考えられます。

スクリーンショット-2014-12-22-9.29.05

【主要通貨ペアの推移】

原油価格の下落、新興国通貨売りなどのリスクオフ相場も落ち着きドル円は堅調な推移となっていますが、120.00を手前に足踏み状態となっています。先週のNY時間は119.60付近がレジスタンスとなっているため、このラインを上抜けると一度は120円トライに向かう可能性が高いと考えられますが、溜まった買いポジションの利食いも待ち構えていると考えられることから、すんなり抜けるかどうかは難しいところだと思われます。また、先週末のNY時間では119.30台がサポートとなっていることから、割り込んできた際には少し注意が必要です。

スクリーンショット-2014-12-22-9.22.58

ユーロは弱い推移が続いています。NY時間に欧州時間のサポートであった1.225付近を下抜けるとストップ売りを絡め1.22台前半まで押し込まれ反発も小さい状態となっています。本日は節目の1.22を守ることができるかどうか、上方向は昨日の欧州時間のサポートであった1.225台、さらには木曜日のNY時間からのレジスタンスである1.23を突破できるかどうかに注目したいところです。1.23の上にはストップ買いも溜まっていることが想定されることから、ショートスクイーズ状態となり短期的に上昇が強まる可能性も考えられるため近づいた際には注意が必要です。

スクリーンショット-2014-12-22-9.24.04

ユーロ円はアジア時間には底堅さを見せるものの欧州時間以降はジリジリと値を下げる動きとなり、現在は146.00を少し割り込んだところがサポートとなり踏ん張っている状況です。先週から下げ止まり感が出てきているものの、上値の重さも残り、現在保ち合いの状況となっていることから、どちらに抜け出すかをしっかりと確認したいところです。

スクリーンショット-2014-12-22-9.23.24

ポンドドルは狭いレンジ内でジリジリと値を下げる推移となりました。現在1.554がサポートとして2回活躍、1.58付近がレジスタンスとなっていることから、このレンジをどちらに抜けていくかをしっかりと見極めたいところです。

スクリーンショット-2014-12-22-9.24.53

豪ドルも上値の重い推移が続いています。FOMC後に0.81割れにトライするものの失敗に終わり、先週末は下値を探るものの0.81に届かず未遂に終わっています。そのため、0.81を割り込んだところではストップ売りも溜まっていることが想定され、短期的に下落が強まる可能性があるため近づいた際には注意したいところです。

スクリーンショット-2014-12-22-9.25.39

【本日の注目材料】

本日は米国時間に中古住宅販売件数の発表が予定されています。ガソリン価格の下落から、消費が活発化していることから期待も高まりますが、先行する中古住宅販売保留件数は伸び悩んでいることから弱い結果となる可能性も十分に考えられます。また、流動性が低下していることから、サプライズとなると思いのほか大きく動く可能性もあることには注意が必要です。

【本日の予定】

14:00 12月日銀金融経済月報公表
22:30 米11月シカゴ連銀全米活動指数
翌0:00 米11月中古住宅販売件数
翌0:00 ユーロ圏12月消費者信頼感速報値
翌3:00 米2年債入札
翌6:45 NZ11月貿易収支

OANDA Japan   オアンダ ジャパン<本記事ご協力>
OANDA Japan株式会社
チーフストラテジスト 佐藤甲様

こちらもおすすめ

FX会社ランキング
毎月更新!みんかぶFXのスタッフがFX会社を徹底比較!100以上の項目を独自に比較してランキング!これを見たら自分にぴったりのFX会社が見つかるかも!?

FXスマホ比較
進化を続けるFXのスマホ取引、こだわりのチャート機能、1分1秒を争うための発注機能などを調査しました。

スプレッド一覧はこちら
各社激戦のスプレッド戦争。各社のスプレッド一覧で取引したい通貨が一番特に取引できる会社をチェック!

佐藤甲|OANDAJapan チーフストラテジスト

佐藤 甲

OANDAJapan㈱チーフストラテジスト。 NY時間を中心にディーリング業務を担当し、2012年より現職。ファンダメンタル、テクニカル、時にはシックスセンスを駆使し相場を斬る。夢と希望と情熱あふれる熱血相場師!風貌はラテン系だが、異性には奥手。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト