ドルの堅調地合い続く

【著者】

外国為替マーケット情報|2014/09/10

昨日はドル高地合いに調整が入るもののドルの底堅さも目立つ一日となりました。大きな材料はなかったものの対豪ドル、対円などで米ドルが強かった反面、それまで売り込まれていた欧州通貨に対してドルが売られる推移となっています。
NY時間には米国金利先高感が意識されてか米国株式市場が大きく下落となりリスク回避色が若干強まりましたが、米国債利回りは底堅さをみせドルのサポート材料となっています。
欧州時間にはBOEのカーニー総裁からの「15年春までの利上げは目標に沿っている」などのコメントにポンド買いが強まる場面もみられましたが、長続きせず、その後はポンドは失速となっており、スコットランド独立住民投票が引き続きポンドの上値を重くしていることが確認されています。

スクリーンショット-2014-09-10-10.42.55

【主要通貨ペアの推移】

ドル円は続伸となりましたが106.50の手前で失速となりました。上値の重さが少し残り、長めの上ヒゲを残しての推移となっていますが本日は106円台をしっかりと守り底堅さもみせています。引き続きドルの強さが目立つ状態が続くと思われますが、買いポジションもそれなりに溜まっていることから、調整売りには注意したいところです。まずは昨日のレジスタンスゾーンである106.50を上抜けることができるかどうかを確認したいところです。下は引き続き106.00を守れるかどうかに注目したいところです。

スクリーンショット-2014-09-09-8.39.46

ユーロドルは反発に転じていまが、前日からのレジスタンスである1.296付近で上値を抑えられています。このラインを上抜けたところにはストップ買いがそれなりに溜まっていることが予想されることから近づいた際には注意したいところです。下は節目の1.29を守れるかどうかにまずは注目したいところです。割り込んでくるようだと再度下値を探りにいく動きが強まると考えられます。

スクリーンショット-2014-09-09-8.44.19

ユーロ円は依然としてドル中心の相場が続いていることから方向感を掴みにくい状態がとなっていますが、底堅いドル円に加えユーロドルが反発となったことから続伸となりました。レジスタンスとして意識されるのは7月から上値を数回抑えている138.00でこのラインを突破できるかどうかに注目が集まります。

スクリーンショット-2014-09-09-8.41.59

ポンドは下値を探る動きとなったものの1.606付近をサポートに踏ん張りを見せています。レジスタンスとなったのは1.614付近となっていることから、本日はこの水準を突破できるかどうかにまずは注目したいところです。NY時間のサポートとなったのは節目の1.61で割り込むと再び下値を探る動きが活発化すると予想されます。

スクリーンショット-2014-09-09-8.46.29

豪ドルは先ほど最終防衛ラインと考えられたいた0.92を割り込み下落を強めています。重要なラインをしっかりと割り込んできていることから0.9割れも視野に入れた下落圧力が加速する可能性もあるため注意が必要です。レジスタンス候補としては割り込んできた節目の0.92が浮かび上がります。反発に転じる際はこの水準を守れるかどうかに注目したいところです。

スクリーンショット-2014-09-09-8.39.30

【本日の注目材料】

本日も大きなイベントは予定されていませんがECB関係者のコメント機会が予定されていることから、コメントの内容次第ではユーロを中心に動きが見られるかもしれません。ここのところドイツサイドからの量的緩和に対して否定的なコメントが増えてきていることから、今後も量的緩和を否定するコメントが出てくるようだとECBのカード出しつくし感が広がり、ユーロのサポート材料となるかもしれません。為替プレイヤーのポジションも依然として大きくユーロ売りに傾いていることから火がつくとショートスクイーズを引き起こし、短期的に跳ね上がる可能性もあるため注意したいところです。

【本日の予定】

08:50 日7月機械受注
10:30 岩田日銀副総裁コメント機会
16:30 ファンロンパイEU大統領、コエリョ・ポルトガル首相講演
20:00 米MBA住宅ローン申請指数
20:45 ノボトニー・オーストリア中銀総裁講演
22:45 カーニーBOE総裁ら英金融政策委員コメント機会
23:00 米7月卸売在庫・卸売売上
23:00 ブーフ独連銀副総裁講演
23:30 米週間原油在庫
翌0:00 メルシュECB理事講演
翌2:00 米10年債入札(210億ドル)
翌6:00 RBNZ政策金利発表
翌6:05 ウィーラーRBNZ総裁会見

OANDA Japan   オアンダ ジャパン<本記事ご協力>
OANDA Japan株式会社
チーフストラテジスト 佐藤甲様
佐藤甲|OANDAJapan チーフストラテジスト

【闘魂注入】シュラスコ佐藤の大胆予想! 佐藤 甲

OANDAJapan㈱チーフストラテジスト。 NY時間を中心にディーリング業務を担当し、2012年より現職。ファンダメンタル、テクニカル、時にはシックスセンスを駆使し相場を斬る。夢と希望と情熱あふれる熱血相場師!風貌はラテン系だが、異性には奥手。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト