FXコラム

Q&A:ドイツ銀行が危ない?

【著者】

:ドイツ銀行が危ないという記事を目にしました。どう思われますか?
参照記事:ドイツ銀行を巡る暗い噂。ドイツ発の世界恐慌の可能性も!?
http://hbol.jp/64330

私は銀行セクターの調査アナリストではありません。もっとも、金融機関に長く勤めていた中に、日英米スイスの金融機関、銀行がありますので、何らかの参考になるかもしれません。その点をご了解下さい。

参照記事の要点を挙げてみます。

1、ドイツ銀行の金融取引総額は67兆ユーロと、ドイツのGDPの20倍に匹敵する規模に膨らんでいる。

2、第3四半期は62億ユーロの赤字が見込まれ、2万3000人の人員削減が実施された。

3、フォルクスワーゲン問題と、ドイツの他社自動車メーカーに及ぼす影響。

4、難民問題。

5、ドイツの輸出が後退。

6、ドイツの重要な貿易取引相手国である中国の景気後退。

7、経営難にあるという噂。違法行為。昨年と今年で二人の頭取が辞任を表明。

8、スタンダード&プアーズが今年6月にBBB+に降格。

9、ドイツ銀行がギリシャに融資した資金は不良債券に。

10、いま、ユーロ圏では「ドイツ銀行は健全な銀行とは言えない」という認識が高まりつつある。これは、もはや一触即発、爆弾を抱えているような状況だ。何かが要因となって爆発すると、ヨーロッパそして世界を危機に陥れることになるのは明白だ。リーマン・ブラザーズの比ではない。

以下が私の見方です。

先日、日米欧などの金融当局でつくる金融安定理事会は、金融システムへの影響が大きい「巨大30銀行」への新たな規制を発表しました。これらの銀行は「大き過ぎて潰せない」銀行なので、もしもの場合に備えて、準備金をより多く積むなど、流動性を高めておけという規制です。

それに先立って、G20が発表した「大き過ぎて潰せない」銀行と、その重要度は以下の通りです。重要度とは資産総額やその内容から、仮に潰れた場合に金融危機に繋がる危険性のレベルと見なされています。その意味では、悪い順番という訳ではありません。

Level 5: 無し
Level 4: HSBC, JPMorgan Chase
Level 3: Barclays, BNP Paribas, Citigroup, Deutsche Bank
Level 2: Bank of America, Credit Suisse, Goldman Sachs, Mitsubhishi UFJ FG, Morgan Stanley
Level 1: Agricultural Bank of China, Bank of China, Bank of New York Mellon, China Construction Bank, Groupe BPCE, Groupe Credit Agricole, Industrial and Commerical Bank of China Limited, ING Bank, Mizuho GF, Nordea, Royal Bank of Scotland, Santander, Societe Generale, Standard Chartered, State Street, Sumitomo Mitsui FG, UBS, Unicredit Group, Wells Fargo
参照: The No. 1 ‘too big to fail’ bank is…

また、資産規模で世界5大銀行の4つを占め、新規制の主要ターゲットと言われている中国4大銀行がレベル1。世界を代表する銀行の1つでスイス1位のUBSもレベル1で、レベル2のクレジットスイスより下にいるなど、必ずしも規模の順でもないようです。

このレベルの順番は、「世界の金融システムへの影響が大きい」順、つまり、積極的に海外展開をしている規模の大きい銀行を示しています。

Groupe BPCEと、Nordeaは、私は初めて聞いた名前です。何しろ、私がよく知っていた頃は前世紀末で、勤めていたUBSは、ドイツ銀行、JPモルガンと共に、当時世界に3つしかなかったAAAの銀行でした。
そのドイツ銀行がBBB+となり、破綻を噂されているのです。

では、順番に見ていきましょう。

1、金融取引総額は残高を意味しませんので、どれほど大きくてもリスクの大きさを表すものではありません。

2、この問題は、超低金利環境下で、どのようにして収益を上げていくかという銀行共通の問題です。当局によるマイナス金利の導入は、銀行の負担により、政府と産業を支える側面を持ちます。国債のマイナス利回りで儲けるのは政府、負担するのは預金者、年金、保険、そして銀行です。預貸金利差で儲ける銀行が、マイナス金利では苦しいのは当然です。

3、大きな問題ですが、リーマンのように米住宅バブルを引き起こした高レバレッジ問題とは本質的に違います。

4、欧州委員会よるコメントを引用します。
「ドイツなど最大の難民受け入れ国にとっての財政コストは、15年でGDP比0.20%が見込まれ、16年には0.25%に拡大、20年には0.05%にまで縮小する見通しだ。一方で、16年のGDPを0.43%押し上げる。17年も0.56%の押し上げ効果が見込まれ、20年にはその効果は0.72%に及ぶという。とはいえ、国民一人当たりのGDPは16年に0.60%減り、20年でも0.30%減る計算だ。」

5、世界の貿易は縮小しており、日米中を含め多くの国々は輸出も輸入も減少しています。そんな中で、ドイツは貿易黒字を拡大しています。ちなみに9日発表のドイツ9月の経常収支は251億ユーロの黒字と、8月の修正値133億ユーロの黒字から拡大しました。貿易収支は229億ユーロの黒字で、8月の修正値154億ユーロの黒字から拡大しました。

6、これもドイツ固有の問題とは言えず、また、中国経済は一般に思われているよりも、はるかに強いという観測があります。中国で大きくビジネスを展開している米企業、10数社のコメントを精査したところ、大型建築や鉱業など弱い分野があるものの、中国産業に問題はなく、中国の個人消費は驚くほど健全だとのことでした。
参照:China’s economy is a lot stronger than you think it is
http://www.marketwatch.com/story/chinas-economy-is-a-lot-stronger-than-you-think-it-is-2015-11-05?dist=tbeforebell

11月11日はアリババが設定した「独身者の日」1日限定セールですが、同日の同社の売上げは、たった24時間で912億元(143.2億ドル=1兆7600億円)でした。去年は93億ドルでしたから、前年比5割増以上でした。
参照図:
独身者の日

7、これはドイツ銀行固有の問題ではないでしょう。

8、これもドイツ銀行固有の問題ではないでしょう。BBB+とはまだ投資適格なので、スタンダード&プアーズは潰れるとは見ていないことになります。その下にBBBがあり、BBB-が投資適格の下限。BB+以下になるとジャンクとなります。

9、「ドイツ銀行がギリシャに融資した資金は不良債券に」。その一方で、ギリシャからの預金流出の相当量がドイツ銀行に流れていると見られ、ギリシャ人がドイツに対して怒っているように、対ギリシャとの収支決算ではドイツ銀行の大幅プラスだと思います。ちなみに、不良債権が正しい漢字です。

10、リーマン・ブラザーズは高レバレッジ体質でした。その後、ボルカールールなどで銀行のレバレッジの縮小が続いています。上の「大き過ぎて潰せない」銀行への新規制でも、換金可能な資金の確保が要求されます。

上記の記事の問題点を見る限り、私にはドイツ銀行が特に危ないとは思えません。
多くの金融機関が問題を抱えているように、世界的に経済政策が機能しているとは言い難いのですが、それはまた別問題で、ご質問への私の見方は以上です。

【みんかぶマガジン】矢口氏のコラム
最新記事:16/12/5「イタリア国民投票の焦点
矢口 新

矢口 新

大学卒業後、国内外の大手証券会社にて為替、債券のディーラー、機関投資家セールスを勤めた後、株式会社ディーラーズ・ウェブを創業(2002年5月~2013年5月)。2013年4月まで同社代表取締役社長。