FXのデメリット

【著者】

FXのデメリットとは?

魅力がたくさんのFXですが、もちろんデメリットだってあります。

FXも株や債券と同じ投資商品なので、誰でも100%儲かるというわけではありません。

巷で溢れる甘い言葉がたくさんありますが、実際に投資をした人でなければ分からないものも多いものです。

では、まずはFXでよくあるキャッチフレーズを見ていきましょう!

「FXは誰でも簡単に稼げる」

A.これは間違いです。
上に書いた通りFXは投資商品のひとつであり、元本保証の投資商品ではありません。

場合によっては、大事な投資資金が大幅に減ってしまうこともあります。

その逆に、ビギナーズラックで最初から大きく稼ぐ人もいますが、実際にFXで稼いでいる人は全体の20%ほどと言われています。

「FXで稼いだ額が給料を越えた!」

A.投資資金によりますが、100万円以下の投資資金ではかなり難しいでしょう。

ましてや、初心者が最初から安定的に利益を上げ続けることは相当難しいので、これはどちらとも言えませんね。

「10万円が1か月後には30万円に!」

A.これはかなり怪しいですね。
高金利通貨と言われるオーストラリアの金利でさえ、2.5%です。
(2013年9月現在)

成功しているヘッジファンドですら、年率130%のリターンですから、1ヶ月で投資資金が3倍にするとなると、よほどリスクを取らなければならないことになります。

ハイレバレッジは諸刃の剣!?

FXのメリットである少ない資金で大きな資金を動かせるレバレッジ効果ですが、使い方を間違えると大変なことになります。

4万円を口座に入金して、ドル円が100円の時に1万通貨を購入したとします。

そうすると、ドル円が1円下落して99円になると1万円も損することになります。

口座の残りは3万円ですから、実に証拠金の25%も無くなってしまうわけです。

下の図は、2013年8月2日のドル円チャートですが、
たった1分でドル円が1円も下落していることが分かります。

逆に上昇すれば1万円の利益となりますが、ドル円は1日1%程度の変動率がありますので、仮に2日連続で1円負けてしまうと、あっという間に口座は半分になってしまいます。

FXには*強制ロスカットという仕組みがあり、投資に使用した資金(上の場合だとドル円を買った金額の4万円)以上は基本的に損失が出ない仕組みになっています。
*FX会社により若干仕組みが異なります。

しかしながら、一度に大きな金額を掛けることはやはり危険ですので、初心者の間はとくにレバレッジは低めに抑えて取引をすることが良いでしょう。

具体的な例としては、筆者の友人はハイレバレッジを使える海外業者で1日で50万円を250万円にしたことがあります。

そこまでは良かったのですが、やはりリスクを取りすぎたようで3か月後には50万円に逆戻りしてしまったようです。

FXを投資とするかギャンブルとするかは、自分次第のようですね。

…………………………………………………………
FX始めるならFX会社ランキング
*みんなで作ったネット証券比較ランキング
…………………………FXならみんなの外為……

ポジポジ病になってしまう!

為替市場は24時間動いています。

ですので、やろうと思えば24時間取引を行うことができます。

取引についついのめり込んでしまって、いつでも為替レートが気になってしまうようになると、かなり危険です。

仕事中、勉強中、食事中でも常にチャンスがあると思って取引してしまい、他のことが何も手がつかなくなってしまいます。

取引を行う時に売買をすることを「ポジションを持つ」というのですが、常にポジションを持ってしまう人のことを「ポジポジ病」といいます。

そんなポジポジ病にならないためにも、メリハリをつけて取引をしなければいけませんね。

ちょっとお小遣いを稼ごうと思って始めたFXで、大損してしまっては大変です。

投資をする人のなかで「お金が無くなってもいいや」と思っている人はいないはずです。

大切なお金を守るためにも、メリットとデメリットをキチンと知っておいてから、始めてくださいね!

FXが楽しい投資になるかどうかも、あなた次第なのです。

【関連リンク】
FXのメリット
川島流「FXはここがスゴい」:レバレッジ編
川島流「FXはここがすごい」:スプレッド編

児山将|みんなの外為スタッフ

児山将

みんなの外為で記事を書いています。 大学生の時からFXを初めて6年以上。FXの楽しさを伝える為に、みんなの外為を盛り上げていきます。初心者の方でも分かり易く学べるように、難しい専門用語やマーケットの説明、FX業界について記事にしていきます。 みんためのTwitterでもつぶやき中!