マーケット

輸入企業、機関投資家の厚いドル買い

【著者】

外国為替マーケット情報|2014/06/09

先週金曜日の概況

おはようございます。先週金曜日の米雇用統計はNFPが217千人、失業率6.3%と予想215千人、6.4%と比較しわずかに良い数字。発表直後102.55まで上げた後、米長期金利の低下でドル円は売りモードとなってアジア安値102.23を割り込み102.11安値まで午後10時前に下落。ただし、102.20~102.00にはビッドが並び雇用統計Live!を行っていた最中にお話しましたが、雇用統計の数字自体がドルをどんどんと売り込むような悪いものではないため、買い遅れている輸入や機関投資家などのドル買いオーダーも厚いことから押し目買い出来るのではないかと考えました。
結果的には午後10時にLive!が終了した直後から2.5303%を安値に切り返して2.6022%まで上昇したことで、 ドル円も102.61まで買い戻され、102.47で越週しています。ユーロドルは前日の高値1.3670をわずかに上回って1.3677までタッチしましたが、その後に1.3621まで反落し、1.3644で越週しました。

週末に出ていた法人税減税の話や雇用統計後のドルの底固さから本日は円安スタート。
先ほど102.65と先週金曜日の高値102.61を更新。ユーロ円も140.09まで付けて金曜日高値139.94を更新しています。押し目買い方針で見たいのですが、102.80から103.15ぐらいまでの間にはロングの利食い・実需の売りなどが入っている可能性が高く、突っかけて高値をどんどんと買い上げるほどの材料が揃っているわけではないため102.40以下ぐらいの押し目を買って早回ししたいのが本音。本日もよろしくお願いします。

ドル円・クロス円は買いから ユーロドルは引き付けて戻り売りから

<ドル円 買いから>
ドル円は102.380、102.280で買いから。ストップは102.050に置きながら、102.750アッパー、102.850にかけて利食いするロング回転をイメージしました。
レンジ 102.200(102.350)–(102.750)102.850 
作成時 102.560-564 9:59AM

<ユーロドル 売り>
ユーロドルは1.36570、1.36680で引き付けて売りから。ストップは1.36950で置きながら、1.36250、1.36070で利食いするようなイメージで見ています。
レンジ 1.36050(1.36250)–1.36600(1.36750) 
作成時 1.36440-447 10:08AM

<ユーロ円 買い>
ユーロ円は139.620、139.500で買いから。ストップは139.280に置きながら、140.100、140.250で利食いする回転をイメージしています。
レンジ 139.400(139.600)–(140.100)140.250 
作成時 139.900-909 10:14AM

<ポンド 買い>
ポンド円は171.950、171.850で買いから参入する。
ストップは171.600に置きながら、172.550、172.650で利食いするような回転をイメージしました。
レンジ 171.750(171.950)–(172.550)172.750 
作成時 172.299-313 10:38AM

対ドルは(1.68280 )1.68400で売りから参入する方針。ストップは1.68800に置きながら、1.67650、1.67550で買い戻しをかけるような回転をイメージします。
レンジ 1.67550(1.67650)–(1.68300)1.68500 
作成時 1.68058-071 10:22AM

<豪ドル 買い>
豪ドル円は95.650、95.550で買いから参入する方針。ストップは95.300に置きながら、96.100、96.200で利食いするような回転をイメージしました。
レンジ 95.400(95.550)–(96.100)96.250 
作成時 95.837-849 10:50AM

対ドルは0.93200、0.93100で押し目買い。ストップは0.92900に置きながら、0.93650、0.93750で利食いするような回転をイメージします。
レンジ 0.93000(0.93200)–(0.93650)0.93750 
作成時 0.93455-468 10:24AM

<ニュージードル 買い>
ニュージー円は87.030、86.920で買いから。ストップは86.680に置きながら、87.600、87.700で利食いするような回転をイメージしています。
レンジ 86.800(87.050)–(87.600)87.750 
作成時 87.321-336 11:01AM

対ドルは(0.84720) 0.84550で買いから参入する方針。
ストップは0.84250に置きながら、0.85400、0.85550で利食いするような回転をイメージしました。
レンジ 0.84400(0.84700)–(0.85400)0.85550 
作成時 0.85122-140 10:25AM

新規口座開設はこちら
小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役