ドル円 1/23

QE発表

ドラギECB総裁は、毎月600億ユーロのユーロ圏国債などの買い入れを含む量的緩和策を3月から実施すると発表。これを受けて、対主要通貨でのユーロ売りが加速。円は、対ユーロでのドル買いにつられる格好で下落。

jpy1
データ:ジェネシス社 ドル円、トレンドモデル

ドル円の中期トレンドは上昇中だが、日足データをもとにした短期トレンドは依然、下降中。一方でトレンドモデルは、アップトレンドへ転換する可能性が高いことを示している。116円台を割り込めなかったので、ドル売りモメントが失速。変化は感じとれるが、しかし、トレーディングモデルは、売りを支持。他の条件が整っていないので実際に売りシグナルは発せられていない。

このようなハッキリしない状況での売買は危険だが、これも、事前に検証して構築したトレーディングルールに従うことで恐怖、懐疑的にならずに売買できる。自分自身、偉そうなことは言えない。これまで多くの失敗を経験した結果、たどり着いたトレーディングルール。今では、このハッキリしないときに売買を繰り返したことが、トレーダーの心のどこかに恐怖心を植えつけると確信している。

スイスフランの急騰にみるリスク管理の大切さがクローズアップされているが、リスクなくリターンをあげることは不可能に近い。いくつかのファンドは閉鎖されているようだが、これもルールに従っての行動だと思っている。であれば、復活するファンドやファンドマネジャーも当然、出現してくる。3月に来日が予定されているビクター・ニーダーホッファー氏の講演は今から楽しみ。

みんなの米国株
成田博之 | SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者

成田 博之

ノースカロライナ大学ウィルミントン校卒業 シンガポールの銀行で約10年間、金融商品のディーリングをした後、日経 225先物・為替を中心に自己資本を運用するプライベート・トレーダーとしてオーストラリアに移住 ヘッジファンドの運用にも携わり、帰国後はFX業者でディーリング部長やコンサルティング業務に従事。 ウエストビレッジインベストメントに企画・開発部門担当として参加。SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者