ドル円 12/12

チャート分析

jpy
データ:ジェネシス社 ドル円、米国債インデックス

日銀の追加緩和策以降、ドル円と米国債インデックスとの相関関係が崩れた。しかし、ここ数日、関係が修復するをみせている。米金利の動向に再び、目が向き始めているようだ。

jpy2
データ:ジェネシス社 米国債インデックス、トレンドモデル

米国債価格は緩やかな上昇トレンドを形成。米長期金利は、上記のチャートが示すように下降中。米短期金利の引き上げを予測されているが長期金利は下降して、金利スプレッドが縮小している。アメリカにおける予測インフレ率を下方修正しているアナリストも増えてきている。その中で、FEDが極端な引き締めにでるとは考えにくい。
徐々に市場参加者が休暇モードに入っていくなか、これまで通りに米国長期金利が注目されていくと、ドル売り・円買いは予想以上に長く続くだろう。

みんなの米国株

こちらもおすすめ

FX会社ランキング
毎月更新!みんかぶFXのスタッフがFX会社を徹底比較!100以上の項目を独自に比較してランキング!これを見たら自分にぴったりのFX会社が見つかるかも!?

FXスマホ比較
進化を続けるFXのスマホ取引、こだわりのチャート機能、1分1秒を争うための発注機能などを調査しました。

スプレッド一覧はこちら
各社激戦のスプレッド戦争。各社のスプレッド一覧で取引したい通貨が一番特に取引できる会社をチェック!

成田博之 | SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者

成田 博之

ノースカロライナ大学ウィルミントン校卒業 シンガポールの銀行で約10年間、金融商品のディーリングをした後、日経 225先物・為替を中心に自己資本を運用するプライベート・トレーダーとしてオーストラリアに移住 ヘッジファンドの運用にも携わり、帰国後はFX業者でディーリング部長やコンサルティング業務に従事。 ウエストビレッジインベストメントに企画・開発部門担当として参加。SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者