マーケット

ドル円|2014/05/15

【著者】

外国為替マーケット情報|2014/05/15

ダウ工業平均株価指数は高値を更新しても出来高はそれ程増えていないこともあり、徐々にポジション調整の売りが入ってきていた。
6月末に向けて決算を迎えるファンド多く、売られやすい時期と重なっている。
軟調な米株から資金が米国債にシフトしている模様。そのため、米10年国債の利回りが一段と下げた。2月始めに大きく米国債が買われた時点で、ドル円は101円を割っていた。

同じことが繰り返されるとは思えないが、それでも、当面、ドル売り・円買いが続くだろう。

jpy1
データ:ジェネシス社 ドル円、米10年国債イールド指数

clicksec_468x60
成田博之 | SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者

成田 博之

ノースカロライナ大学ウィルミントン校卒業 シンガポールの銀行で約10年間、金融商品のディーリングをした後、日経 225先物・為替を中心に自己資本を運用するプライベート・トレーダーとしてオーストラリアに移住 ヘッジファンドの運用にも携わり、帰国後はFX業者でディーリング部長やコンサルティング業務に従事。 ウエストビレッジインベストメントに企画・開発部門担当として参加。SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者