ドル円・ ユーロ円調整_2013年12月11日

記載日:2013/12/11

ユーロ円チャート分析

昨日はユーロ円の4時間足のRSIが買いすぎに買いすぎを重ねる形で11/28~11/29にかけての箇所に似て

141ミドル程度はありそうだなと思ったなりに下落。

ドル円チャート分析

ドル円も日足ポイント(日々チェック参照)が上がり、

ユーロ円の売りの影響でその上の位置は保ちにくいのかと思ったなりに日足ポイントの下に入って下の芽がでて下落。

1時間足の上方で作った、右上がりのチャネルの下に入っての下落でわかりやすかった。

P&Fのポイントを少し下回ったが、

この部分はその下に日足サポートがあり、反発のリスクがあるため狙いにくかった。

前述の日足の上のポイントブレークで売りで狙ったなら、

P&Fのポイントに近づいたあたりで一部買い戻して売りを残しているか、    

もし自信があれば、ポイントの上にストップをおいてキープ等の対処が可。

==============================

ドル円の見方は「日々チェック」をご覧ください。

*ドル円のコアな見方は外為どっとコム社のわたくしのレポート
中期見通し「パターン分析アナログでいこう」
それを基としたデイリーの見方「日々チェック」でご覧ください。
理屈に左右されないチャートを基準とした見方と、
スムーズな取引に欠かせない的確なラインの引き方が学べます。
現状、こちらのサイトはレポートの補足です。

==============================

<関連リンク>
高野由美子のドル円レポートが無料で見れるのは外為ドットコムだけ!
  口座開設は→コチラ

*夜中の更新はしばらくの間遅れる見込みです、申し訳ありません。
それまで、アメーバブログ「高野由美子のFXならドル円でいこう」のページをご覧ください。

高野由美子

高野 由美子

チェース・マンハッタン銀行(現JPモルガン・チェース銀行)のディーリング・ルームで、男性社会の為替の世界に飛び込む。実戦でチャートの知識を深め独自チャートを作成、千ポイント抜きを可能にした。 史上最高のドル円ディーラーといわれ内外から高い評価を得た。