マーケット

ドル円相場は105円台半ばを上抜けるのか?

【著者】

しばらくはドル高続く可能性

昨日のユーロドルに続きドル円でも月足チャートを点検してみましょう。

ドル円はユーロドル同様非常に大切な水準に差し掛かっています。

2007年6月につけた124円台の高値から2011年につけた75円台の安値までの下落の61.8%戻しが105.40円台に位置しています。今年の年初の高値は、まさにその水準で跳ね返された形です。

105円半ばを上抜けすれば、年初からの三角保ち合い上抜けの目標である107円台後半から2008年8月の高値110円台が次の節目になると考えられますが、もし今月中にそこまで上昇できなくとも、一目均衡表をの遅行スパンが抵抗帯上限の104円台半ばを今月末に上抜けすれば、来月以降に上抜ける可能性が高まると予想できます。

昨日のユーロドルと合わせて考えると、今後しばらくはドル高相場が続くと予想できます。

<本記事ご協力>

チーフストラテジスト 高野やすのり様
■メッセージ等はこちら
>>高野やすのり様プロフィールページ


デモトレ大会6回戦

高野やすのり|FXプライムbyGMO

高野 やすのり

慶應義塾大学商学部卒 チェース・マンハッタン、スイス・ユニオン、ファースト・シカゴなどでインターバンクディーラー業務に従事。 株式会社FXプライムbyGMO チーフストラテジストとして、長年培ってきた経験を生かし、インターネット上のコンテンツや、ラジオ、セミナーを通じて正しいFXの知識や、FXの魅力を広める為の活動を行う。 NPO法人日本テクニカルアナリスト協会 認定テクニカルアナリスト