ドル円はダブルトップとなるのか?_9/26

【著者】

リスク回避強まるか?

このところのドル円は、米2年債利回りなどドルの中期金利に連動した動きが続いていました。しかし今日の東京時間には、米金利がやや低下している中、日経平均が反発したことをうけてドル円は再び109円台に上昇しました。今後のドル円はこのレンジ相場をどちらに抜けていくのでしょうか。

昨日の海外時間には、イスラム過激派イスラム国がフランス、アメリカの地下鉄でテロを計画している、との報道がありましたがフランス、アメリカともに、そういった情報を裏付ける証拠はない、としていますが、懸念は残りました。今日も関連した報道などがあれば、ふたたびリスク回避の動きが強まって、米金利が低下するとともに、円買いが強まると考えられます。

ドル円相場は先週金曜日と昨日、109.40円台、109.30円台の高値をつけています。今後その水準まで上昇せず、火曜日につけた安値の108.20円台を割り込めば、いわゆるダブル・トップになって、計算上の目標値は107.00付近となりますが、はたしてそういった動きになるでしょうか?

<本記事ご協力>

チーフストラテジスト 高野やすのり様
■メッセージ等はこちら
>>高野やすのり様プロフィールページ

高野やすのり|FXプライムbyGMO

プライスはすべてを織込む!チャートで世界を見通せ 高野 やすのり

慶應義塾大学商学部卒 チェース・マンハッタン、スイス・ユニオン、ファースト・シカゴなどでインターバンクディーラー業務に従事。 株式会社FXプライムbyGMO チーフストラテジストとして、長年培ってきた経験を生かし、インターネット上のコンテンツや、ラジオ、セミナーを通じて正しいFXの知識や、FXの魅力を広める為の活動を行う。 NPO法人日本テクニカルアナリスト協会 認定テクニカルアナリスト