108円間近どころか・・・

節目の107.50円を突破!

欧州時間にドイツのPMIをキッカケにドル円は多くのトレーダーが意識していたポイントである107.50円を突破してきました。

ドル円

特段大きな材料はないといったところですが、ここのところ弱かった欧州の経済指標が好転したことはかなりのポジティブと捉えられたのではないでしょうか。
ユーロショートカバーも混ざりながらの急激な上昇を演じており、ユーロ円安値から140円ほど上昇しています。

経済指標

チャートを見ると一目瞭然ですが、やはり107.50円は非常に重要な値段だったように思えます。
下値が105.17円から約2円50銭戻ってきましたから、つまりは半値戻しは達成できたということになります。
さらに、本日発表された新規失業保険申請件数は相変わらず30万人を割り込む好結果となったことで、11月に発表される雇用統計にも非常に期待できることとなります。

来週のFOMCとGDP(速報値)への思惑が入るポジションの構築も考えられることから、今夜は107.50円を割り込むことなく推移するのではないでしょうか。

そして、週明けに向けて108円台を回復し、売りの損切りを絡めた上昇で、108円後半まで勢いよく上昇するのではないでしょうか。

ドル円4H

110円まで一気に上昇するには力(材料)不足と思えますが、103円から110円までの上昇の時のような押し目の少ない急騰となっておりますので、押し目を待つよりも、横ばいになったところで買いを入れる方が波に乗れそうです。

[YJFX-ad_468.60]

川島寛貴|みんなの外為スタッフ

川島寛貴|みんなの外為スタッフ

みんなの株式の立ち上げ当初からプロデューサーとしてアライアンス業務を推進。みんなの外為、みんなの米国株、みんなのコモディティなど兄弟サイトの立ち上げも担当。通称「為替王子」