マーケット

ドル円ウィークリーレポート(5/11~5/15)

【著者】

ついに!!

ゴールデンウィークが終了してしまいました(泣)

皆様、連休中は如何お過ごしでしたでしょうか?

わたくしは身の回りのことで普段できないことを一気に片付けまして、身も心も一新なひろぴーです、こんにちわ。

僕はスイングトレーダーとして、2015年度第二フェーズに突入しました。

いきなり唐突な第二フェーズと申し上げまして、申し訳ございません。僕はFXのスイングトレード時期を4か月スパンで1サイクルと考えてトレードしておりまして、今年に入ってその1サイクルの第一フェーズが終えましたので、一息する区切りが4月終了した時点だったのです。

個人的に、1月~4月は利回り20%以上、5月~8月は利回り10%以上、9月~12月は利回り20%以上、これぐらいゆったりしたイメージでやっております。これなら年間リターン複利で58%以上ありますから、十分立派なトレード成績かと思われます。
もちろん、これを超えるパフォーマンスも出しておりますよ~!

相場の場合はトレード回数を増やした努力や目標を高く立てれば立てるほど、失敗しやすいのでかなり志は低く!?モチベーションを保ちながらトレードをする!が、僕のスタイルなのです(笑)。

このサイクルで考えているのは、僕の数少ないトレードルールの一つでもあります。もし厳しいトレードルールを課し、一生懸命トレードをされている方で、うまくいかないことが多い方は、いちど逆転発想でゆる~~~ぃ目標を立ててみてください。その人の性格もありますが、結構、パフォーマンスが改善されることがありますからね(笑)。

週足・日足分析

さあ、今週もドル円の週足、日足分析をしていきたいと思います。

まずは週足から。

ドル円週足

今週もボリンジャーバンドに致しました。まだまだレンジですね!

なかなか抜けてくれません。ここがどちらかに抜けるまではポジションレバは低めに抑えている状況です。
もちろん、ターニングポイントは122円と118.50円の二つのラインです。

ここのラインの上と下には大きくストップロスを誘発するポジションが溜まっていますので、ブレイクアウトでついていくなら持っていこいのポイントになります。

ただ今週も週足ベースでは全くわからないチャート形状になっておりますので、もう1週間我慢してみましょう。

次に日足です。

ドル円日足

こちらも少し動きがあって、上にブレイクしようと見せかけた動きがありましたが、実体を残せず戻されています。

先週の記事で下と申していた目線が、今度は上目線に切り替え始めたのが、120円を超え始めそうな大き目の陽線をつけてNYクローズを終えていたからです。

結局、今週の日足5本をご覧になって頂ければわかりますが、小さなレンジでまとまった動きとなりました。

そしてドル円のポジションは、レバ0.5倍にも満たない程度の少額ロングのみとなっております。

ストップは118.50割れで、買い増しはまだ119円前後からもう1ポジション作ろうかというイメージです。

ポジションの傾きをみてもロングポジションがかなり減ってくれましたので、もうそろそろかな~っと期待はしているのですが・・・。次回は、ポジションの傾きや分析について語れるような文章にしたいと思います。

ひろぴー
ブログはコチラ↓↓ 毎日更新中~♪
ひろぴーの読むFX

ひろぴー

ひろぴー

一般サラリーマンとして働く傍ら、ライフスタイルに合わせた必要最小限の時間で資産を増やすことについて日夜研究考察を進め、トレード大会で優勝したり、メディア出演も多数あり、その実力は本物。 有名トレーダーの手法を取り入れ、自己流にアレンジするハイブリッド手法を得意とし、ファンダメンタルズもテクニカルも直感も全て磨きをかけているFXマン