株式市場堅調推移でドル円100円乗せ_2013/11/15

【著者】

記載日:2013/11/15

昨日の海外時間には、各国株価が上昇したことからドル買いが強まって、ドル円は約2か月ぶりに100円台に乗せました。

欧州時間、特段の材料はありませんでしたが各国株価が堅調に推移したことから全般的にドル買いが強まって、ドル円は100.00円台まで上昇し、ユーロドルは1.3410台まで下落しました。

NY時間にはいって、各国株価が一段高となると、ユーロなどが反発する一方円売りが強まって、ドル円は100円を挟んだ上下が続く中、ユーロドルは1.3450台まで、ユーロ円は134.50円台まで上昇ました。

その後イエレン次期FRB議長候補の公聴会で、イエレン氏が「量的緩和の効果は依然としてコストを上回る」「早期に支援を取り除かないことが重要」「量的緩和規模縮小に着手する予め決められた期限はない」「資産買入プログラムは恒久的に続くものとは見ていない」などと述べたこともあってユーロが一段高となって1.3480台まで上昇しました。しかし、特に予想外の発言もなかったことから材料出尽くしとの見方から米長期金利が反発しドル買いが強まって、ユーロドルは1.3450付近まで反落しました。

東京時間にはいってからは、日経平均が15000円台にのせて上昇していることから円売りが強まっています。

今日の海外時間には、ユーロ圏・10月消費者物価指数、米・10月輸入物価指数、米・11月NY連銀製造業景気指数、米・10月鉱工業生産/設備稼働率の発表と、メルシュ・ルクセンブルク中銀総裁の講演が予定されています。

<本記事ご協力>

チーフストラテジスト 高野やすのり様
■メッセージ等はこちら
>>高野やすのり様プロフィールページ

高野やすのり|FXプライムbyGMO

プライスはすべてを織込む!チャートで世界を見通せ 高野 やすのり

慶應義塾大学商学部卒 チェース・マンハッタン、スイス・ユニオン、ファースト・シカゴなどでインターバンクディーラー業務に従事。 株式会社FXプライムbyGMO チーフストラテジストとして、長年培ってきた経験を生かし、インターネット上のコンテンツや、ラジオ、セミナーを通じて正しいFXの知識や、FXの魅力を広める為の活動を行う。 NPO法人日本テクニカルアナリスト協会 認定テクニカルアナリスト