マーケット

ドル円|2015/04/06

【著者】

米労働省が発表した3月の雇用統計では、非農業部門就業者数が前月比12万6000人増と、市場予想の半分以下だった。これを受けて、米雇用情勢の先行きに慎重な見方が広がり、円買い・ドル売りが強まった。

jpy (1)
データ:ジェネシス社 ドル円、フィボナッチ

トレンドモデルはドル円が下降トレンド入りしたことを示している。その中で、目先のサポートは118.08から118.03と極めて薄いゾーンになっていることもあり、再び、116円台を試す転換になるだろう。

昨年12月から、これまで、ドル円は122円から116円の6円幅で推移している。このレンジをブレイクするために必要なファンダメンタルズに変化はない。そうなると、118円を下回ったところではドル買いが活発化することも予想できる。ダイレクションは下降しているが、なかなかドル円のショートを大きく膨らませる状況になっていない。

みんなの米国株
成田博之 | SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者

成田 博之

ノースカロライナ大学ウィルミントン校卒業 シンガポールの銀行で約10年間、金融商品のディーリングをした後、日経 225先物・為替を中心に自己資本を運用するプライベート・トレーダーとしてオーストラリアに移住 ヘッジファンドの運用にも携わり、帰国後はFX業者でディーリング部長やコンサルティング業務に従事。 ウエストビレッジインベストメントに企画・開発部門担当として参加。SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者